真似から入るか自分で考えるか

2019年05月16日
0
0
株式投資



朝起きてまずは温泉にゆっくりとつかる。お風呂で考えることはゴルフのこととそれとそろそろグリーンシーズンで山歩きなどもしたいのでその計画とか。スキーのシーズン券でゴンドラは乗り放題なんである。カミさんの分は割引券が置いてあるところをチェックしてゲットすれば良い。

朝食はコーヒーを淹れてそんで前日スーパーで買ってきた半額割引のサンドイッチと野菜サラダ。二つで定価500円が250円。スーパーの中のパン屋はそんな美味しくないけど値段が高くなると材料が良いのでそれなりに美味しくなる。それを半額で買うわけだ。

那須にいる間毎日ラウンドをするわけではなくのんびりする日もあるがもちろんそれには午後のアルバイトとかゴルフの練習も含まれる。通勤時間もないし1日は長い。ゴルフの練習も呆れるくらい安いのは前に書いた通り。

ゴルフクラブのセッテイングは再考慮中である。しばらく苦手としていた3番ウッドが最近手の内に入ってきた。ディアマナ のBF60のシャフトが合っていたようである。クラブ選びはほとんどシャフト選びと言っていいと思う。ドライバーはBF50、50と言っても58グラム、スプーンはBF60で63グラム、この5グラムが大きい。ちなみ振動数つまり硬さは変わらない。

3番ウッドが打てるなら16度とかの飛び系のユーティリティは要らないので、それを18度くらいに調整して、そんで20度のユーティリティは抜いて代わりに4番アイアンを入れようかと思っている。4番アイアンはプロギアのセット物の一部とゼクシオのフォージドアイアンがあってどっちかを選ぶ。

ユーティリティとロングアイアン、これはどっちを選ぶかという場合に方向と距離を考えねばならない。アイアンは方向より距離が狂いやすい。だからグリーン手前が池で越えさえすればすれば広いという時はアイアンよりユーティリティが良い。ユーティリティは距離より方向が狂う。逆に落としどこが狭くて曲げたくないけ手前になにもない時はアイアンの方が手堅い。つまりコースによっては両方持っていっても良い場合もある。
プライベートでは15本持って行って一本使わなければ良い。コンペとかだと不使用宣言しないといけないけど。

先日わたしの態度が悪いとクレームをつけたお客がいたんだけど、会社として接待してどうやら和解したようである。クレームにどう接するかはその会社ごと違うので別に意見はないが、私は嫌なことはやらないというだけだから必要以上にペコペコを求めたり特別扱いを強要する人間にも普通に接するだけだ。今度会ったらキチンと挨拶してくださいとのことであった。まあそれは当たり前のことであるけど、多分そんな会わないと思う。向こうから避けてくるからである。ひょっとして当分来ないかもしれない。案外そういうもんである。ゴルフ場とかレストランで揉めたお客は少なくともしばらくは来なくなるそうである。ずっと来ないケースも多いらしい。結局来づらくなる。そうやって世間が狭くなると損するのは本人ってことなんだけど。

私の場合はサービス産業で滅多なことでクレームをつけたりとかしない。いろんなことに鷹揚になってあえて鈍くする方が良いと思っている。自分なりにこだわりがあるなら自分でそれを実行すれば良いことで人様に強要する、あるいは強く推薦?する気にはならない。ホテルとかレストランの口コミで怒ったり文句ばかり言っている人間がいるけど、それで楽しいのかどうか知らんけどまあ気が知れないとは思う。

私のブログは自分なりの考えが満載であるけど、私の真似をすべきとは絶対言わない。自分が正しいからと人もすべきだなんて思わない。まあ真似できるもんならしてみたら良い。なかなか上手くいかないとは思いますよ。なんにせよ人の真似と言うのは難しいんだけど、世の中の多くの人は自己流より誰かから学びたがる。もちろんスポーツとか芸事はどれで良いと思うけど、人生とかあるいは人生そのものとも言える相場とかは真似はとても難しい。真似してもいいけどそんで手間を省こうと言うのはお門違い。結局自分でやったのと同じくらいの手間が多分かかるということは知っておいた方が良いかなと思う。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿