どれくらい儲かると納得?

2019年07月15日
0
株式投資

毎週渋谷に行くんだけどたまに気が向いて車で行ってみた。休みの都内、道は混まない。もちろん首都高なんて使わない。それに無料で車を置ける場所があちこちある。西野流呼吸法の稽古を終えて、それでたまには東京でも走ってみようかという気になった。

ちょうどランニングできる格好で行ったというのがある。渋谷から松濤、神泉、代官山、青葉台、西郷公園とぐるっと回った。代官山は観光地みたいで人が多くて走りづらいので路地に入る。初めて通ってそれで多分二度とこないなと思う道を歩いたり走るのはなんだかワクワクする。 

さる相場関連のブログで7230日信工業が話題に上がっていて、懐かしくてついコメントした。日信工業はホンダ系のブレーキメーカーで現役時代、役員から部長課長担当者みんなおつきあいがあった。実は株も700円で買って1000円で売ってしまった。わたしとしては株取引の失敗例である。
ところがブログ主が言うには40%の利ざやはプロ以上だと。

プロだかアマだか知らないけど、40%程度の利益をいくつか積み重ねてもわたしのようにはなかなかならないと思う。わたしの感覚では最低で倍、できたら5倍10倍くらいが成功である。それも集中投資で。分散でいろいろ買ってたまたまじゃだめ。

わたしの投資遍歴を述べるのは簡単である。生まれて初めて買った株が6041のボッシュ。一点集中である。60円台でしこたま仕込んで200円で売って130円で買い戻して550円で売って350円で買い戻して最後600円で手放した。TOBである。

計算は難しいが資金はざっくりと数十倍になった。
その金を握ってぼんやりしていたらリーマンショックが来た。加えてトヨタのブレーキスキャンダルもあった。ボッシュで儲けた資金でトヨタを3000円から買下がった。急速反転して4200円だかで売った。そんでまた2700円くらいで買い戻して最後6000円から売った。

一生に食うに困らないくらい稼ぐのにそんな何度も勝負する必要はない。逆に言うならここぞというチャンスを生かすことである。
株で儲けたお金で家をいくつか底値で買った。為替も豪ドルを60円以下で買ったがまだ持っている。利回りが良いのでもう元本は回収しているくらい。なにせ損失というものがない。生涯負け知らずで終わるつもりだ。なぜならもうやらない。これ以上の金、わたしはいらないのである。 

わたしより金持ちはこの日本にいくらでもいる。でも競争は意味がない。わたしは自分が知る己の分まで稼げばそれで終わりである。わたしは自分の分の内側で十分ハッピーに生きるのである。

夕食はカミさんが作るパエリア。その他色々。金だけあってもこの愛情こもるパエリアは食えない。私は本当に幸せ者である。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿