アーリーリタイア後の生活費

2017年07月01日
2
0
マネーと生活




数日前だがわりとこみいった口腔外科の処置を大学病院で行った。成功率は90%と言われていたがまあ大丈夫だったみたいだ。今週は安静にということだが折しも雨でゴルフもできないので丁度良い。ジムで軽い運動だけしている。長期的にはまたインプラントを入れることになる。インプラントの話はここでも昔書いたけど、やらない人が多い。理由は主にふたつあって、ひとつは自分が通っている歯医者がインプラントが多分苦手で違う方法を進める場合と、保険が効かないので経済的理由でやらないという人と。後者はそれはそれで仕方ないと思うけど、前者はどうかな?て思う。保険の効かない高額なブリッジをやるのは金ばかりかかって良い歯をずいぶん削る羽目になる。でもそういう人はわりといるのね。

アーリーリタイア関連のブログを最近ちと読んでいる。将来の資金プランも開示されていたりするがその多くの毎月の生活費の見込みがあまり少ないのに驚く。ほとんど遊ばず家に逼塞している計算である。それで良いと言われればそれまでだがその程度であればコンビニでアルバイトでもすれば生活は十分回るのだからリタイアも何もないのではないか?て思ってしまう。単身となるともっと酷くてほとんど引きこもりニート。ゲームの代わりにデイトレをやっているだけ、ってケースがとても多い。

夫婦でも単身でもセミリタイアとか完全リタイアと言葉は聞こえはいいが、暮らし向きはまるで生活保護家庭レベルかそれ以下って、これはなんなんだ? 好きでやっているんだから大きなお世話だと言われるだろうが、ブログで生活ぶりを開陳している以上、それは何か言われるのも当然受け入れねばならない。

引きこもって暮らしてそれでよい人は少数である。ほとんどのリタイアを夢見る人は、日々の仕事に疲弊してそして仕事を辞めたらどれほど楽だろうな、で思考が停止している。嫌な仕事を辞めてそれでどうするってことまで具体的に頭が回らない。それでいわゆるニート系セミリタイアブログを読んで、そんな生活でもいいかも、なんてもし思ってしまうなら、罪作りである。

世の中は確かに金だけではない。そんなのは当たり前だが自分が必要な分はなんとか手当しなければいけないのも同じく当たり前。その必要な分というのは意外と多いというのがわたしの感想。わたしの場合サラリーマン時代、これはブログの読者ならご存知の通りかなり激しく遊んでいたが、これが仕事を辞めて生活費が下がったかというとそんな変わっていない。

現役時代に遊んでいなかったのなら、、それは遊びたいでしょう。贅沢するつもりはなくてもなんだかんだでお出かけすると金は出て行く。リタイアを夢見るのであれば生活費はむしろ増えるって思ってもいいくらいだ。それと現役時代にそれなりの収入があった人ほど倹約したらとても窮屈に感じるはずだ。そこをよく考えてリタイアを考えたら良いとわたしは思う。

昨日は夫婦でゴルフの練習に行った。かみさんがもっと飛ばしたいと言う。クラブを変えようかとも言うが、がかみさんの球筋をスライス系からドロー系に変えれば10-20ヤードがすぐ伸びるはずだからそれを真剣に教えてたが、結局自分で考えないといけない。ドローを打つ方法はたくさんある。例えばグリップ、スタンス、アドレス、テークバック、フォロー、それを変える。イメージで変える部分も大きい。それをどれをどの程度やるかは自分でしっくりくるところを探さないといけない。ひとつでなく複数組み合わせるケースも多い。それをかみさんには伝える。

かみさんはゴルフスクールでずいぶんと金を使ってきたがこれから上達しようと思うと言われた通りやっていただけでは足りない。かみさんは一般の男性用のティーで100くらいでは回る。調子が良ければ40台も出る。聞くところでは男性のシングルプレーヤーよりも女性で100を切る人間の方が少ないそうであるが、ゴルフを見ていると勿体ないと思われるプレーが多くていつも40台で回っても全然おかしくない。理由はよく考えずに漠然と打つからだ。打つ前にライとか状況とか自分のミスの傾向とかよく考えることだ。どれだけ考えてもいやと言うほどミスは出るからいくら考えてもいいくらいだ。

ゴルフの練習を終えてから映画を観にいった。GOING IN STYLEという映画。夫婦割引きで2200円。どんな映画かというと年金暮らしの年寄り三人が企業年金を会社と銀行の都合で打ち切られて家まで取り上げられそうになる。そこでその銀行を襲って金を奪おうと画策するという話である。強盗というのは犯罪だが政治や企業がやっていることもそれ以上だと言いたいのだろう。それで結果はどうなるかと言うと、それは自分で見たらよいけど、わたしには意外な展開であった。なんで意外かも書かないでおくけど、1000円なら観ても良いとだけ言っておく。2000円は勿体ない。

その後夫婦でジム用のシューズを購入。古かったのでちょうどバーゲンで買った。帰宅後近隣のフレンチ居酒屋に。そしたらいっぱいで入れない。サラリーマンOLで一杯だ。それで思い出した。プレミアムフライデーだ。ちょっと待てば入れると言われたが、盛り上がってるサラリーマンたちは五月蝿くて同席する気にならない。それでスペイン料理店へ。ここは幸いあいていたが我々が座って満席。最寄駅にはスペイン料理店は2つあるけど、その2店は姉妹店で味もメニューもほぼ同じ。どっちも美味しい。ようやく冒頭の写真の説明ということです。

食事をしてワインを飲んでデザートはと言うと別の店のケーキが食べたいとかみさんが言うので買ってかえって家でコーヒーを淹れた。軽井沢から取り寄せているコーヒーで美味しい。

だらだらと1日を書いたけど、旅行でない普段の生活でもこうやって暮らしていれば金はけっこうかかるという話です。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

sun*****  

No title

よくぞ書いてくれました!
日本ではいつから、ドロップアウトのことをセミリタイアと呼ぶようになったのでしょうね?

ただ、同じことを僕が書いたら、炎上必至なので、自分のブログではとてもあげられません(笑)。
ハルトモさんだと反論がこないのは、筆力の違いのように思います。

内山直

2017/07/01 (Sat) 14:47

ハルトモ  

No title

わたしのところは12年炎上したことないです。ビジネスの経験が長いのでセグメンテーションと言って(商売の基本ですが)、書きっぷりから自然と読者を峻別しているのだと思います。

意図しない読者を獲得してまでアクセスを増やす必要はないですからね。

2017/07/01 (Sat) 17:59

コメント投稿