落ちようが落ちまいが、そもそもナイフなど掴まなければいい

2022年11月12日
0
株式投資
スクリーンショット 2022-11-12 14.25.47
我が家の定番
舞茸ご飯

いろんなナンピンの考え方というのがありますが、ナンピンはエントリーの結果ですから、エントリーの仕方によってナンピンの仕方も変わってくるってことがおわかりでしょうか? エントリーを簡単にすればするほどナンピンは難しくなります。どこまで落ちるかわからないからです。だからナイフって例えになる。わたしみたいにエントリーを極端に厳しくするとナンピンは簡単になっていきます。ナイフじゃなくてゴムまりですから勝手に跳ね返ってくる。適当に買い下がっていけば勝ちが膨らむだけ。この関係を意識して投資している人があまりいないなって思います。たぶん本に書いてない? いろんなブログを読んでいて思うのはどんなに詳しそうな人でも本に書いてないことは知らないんですよね。少しは自分で考えればいいのにって思います。知識を作るという感覚がないんでしょうか。本に書いてることだって最初は誰かが考えたのです。じゃあ自分だって一から考えれば良いって思わないのかな?読んだものより自分で考えたものの方が使えますよ。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ