実業と相場

2014年08月19日
6
0
株式投資
いただいたコメントをヒントとして書いてみます
 
実業と虚業という言葉があります
ビジネスが実業で
株式投資は虚業だなんてまで言う気はなくて
むしろ株式投資は実業の影みたいなもの
それが虚業だと言われればそれまでですが
実業に積極的に関わり合うという意味があるならば
それは虚業というイメージではないということ
とは言え
実業のビジネスに対して対照的な位置にあるとも言えるのが
株式投資だと感じますが

実業を仕事として取り組むというのは
経営者でなくても勤め人でも当然実業は実業で
別にビジネスでなくても公務員でも絵描きでもなんでもいいのだけど
株式投資に対して実業の特徴的なアスペクトは
カスタマーがいるということ

その仕事によって、喜ぶ誰かがいる納得する誰かがいる
いなくなると誰かが困るとか不便に感じるとか
これが実業というのがわたしのディフィニッション

一方明日止めても誰も困らない悲しまない不便でない
個人的な投機は実業とは呼びにくい
(会社という規模になればリーマンショックの例の通り
別の意味で社会的存在となるけど)

個人投機家で
いやいや投機家(相場師)は世の役に立っていると主張をする人もいるけど
何にを言ったとことろで、その根拠は脆弱としか言いようがなく
わたしに限って言えば
なるほどと頷けるだけの説はいまだかって聞いたことがないです
相場で何億何十億儲けようが
やれ寄付したとか税金納めたとか、金融は社会の潤滑剤とか言ったところで
実業としてカスタマーの存在は花一束、牛丼一杯に及ばないと
わたしは思います
相場師に誰も感謝しないし、ありがとうなんて言わない

もちろん人間は何を言おうが社会的な存在だから
家族もいるだろうし
友人知人、親戚,縁戚
なんかの意味でその存在価値はある
それがとても大きいということは大いにあり得る
それはそれで良いことだと思うが
でもそれは相場師だからじゃない
例えば
相場で儲けたお金をジャンジャン使えばいいという考えがあります
確かにそれで喜ぶ人がいるのはわかるけど
それは相場師だから人が喜ぶわけじゃなくて
羽振りの良い消費者だから人は喜ぶわけです
むしろ相場で誰も喜ばないなら、相場以外で人を喜ばしたほうが
運気が高まるでしょう、という主張だとわたしは理解しています
喜ぶ人がいるということは存在価値があるということだから
それは天も味方する(かもしれない)

わたしは相場ではやたらめったら儲けなくてもいい
むしろ実業で己の存在意義を見いだしたい
そう思ってはいるけど
だからと言って
やはりお金は便利な道具で、とくにわたしのような貧乏上がりは
大人しくサラリーマンやっていても
うだつは上がらないから
それはそこそこ稼ぎたい
そこそこというのは自分なりにお金に不自由を感じないくらいに
ということです
それで株式投資をやったらわりとセンスあったみたい、ということです

 
おもしろいなと思うけど
成功した相場師ならたぶんまず間違いなく
家庭や友人や
まわりの人を大切にしていると思います
相場の分だけ優しくすることでバランスが取れるというか
まあそこまで行くのに大変かもしれないけど

 
一方実業やっている人間で
その実業でいくらカスタマーがいるからと言って
そんでもって
家族をほっぽらかし
自分は家族のために働いていると思い込んでいたりして始末が悪いけど
そういう人間も多い

だから実業やっている人間が偉いなんて
そんなことは全然わたしは思わない
矛盾しているように聞こえるなら、よく読んでただきたい

相場師は相場師という一面であって
その人の全てではないということです
もし相場が全てだとしたら
それは一体なんのために相場=人生をやっているか?
自分を喜ばすだけということでしょうね
 
相場で家族を不幸にして
何度も破産するとかは
わたしにはありえませんね
そういう不幸は子供の頃十分見て来たけど
最後うまくいけばいいというもんじゃないですよ、どこかに傷が残る

人生というのは
畢竟
生きるということそのもので
きちんと生きているなら

相場師だろうが実業家だろうが
学者だろうが政治家だろうが芸術家だろうが
人生ゲームとして
そこは大した話ではない
上下もない
 
そういう考えが
わたしの根底にはあるということです
 
職業はあくまでも従でしょう
仕事の栄光も肩書も実績も
墓場には持っていけない
 
持って行けるのは
自分が生きたという満足感と
いくつかの思い出
 
あるいは不満と後悔
これは嫌ですから
生きるにこだわるということです
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.

jis*nn*  

No title

はじめまして。いつも楽しく読ませて頂いています。
相場は博打である。これでいいんじゃないでしょうか。以前そう書かれていたように思います。
博打なんだから、自己責任で自分の思うように張るしかない。博打を張る理由も個人的なものだし、方法もファンダメンタルにしろテクニカルにしろ、個人的なもの。その個人的なハルモトさんらしさは好きです。
なんか育ちの良さを感じます。

最近読み始めてやっと追いついたのでコメントしてみました。購買記録などもとても楽しみにしています。失礼しました。

2014/08/20 (Wed) 00:02

ハルトモ  

No title

コメントありがとうございます。
相場は博打と本質において同じなんですが、博打のプロがいないので、私から言わせると間違った定義で 博打という言葉が広く使われています。相場のプロと言えどもつうじない人が多いです。だから最近はあまり言いません。

ブログは長いこと書いてますが 一旦引越しで消したのです。原稿は持ってますが 、、、、

リーマンショックの頃の私のブログ面白かったと思います。

2014/08/20 (Wed) 00:42

ベトナム  

No title

相場は博打... ですよね
でも「相場師」はそれがわかっているから「博打的要素」をできるだけ排除しようとしますね 排除の程度が成果の差となるのだと思います
以前国税庁に上げられた競馬師?も 競馬と言う博打から博打的要素を排除した張り方で利益を上げていましたね

2014/08/20 (Wed) 09:21

shikotama7  

No title

相場というか、人生そのものが博打だと思いますけど。
博打がなかったら、おもしろくないですね。

2014/08/20 (Wed) 23:33

ハルトモ  

No title

ベトナムさん、馬券師って言います。
どこかに書いてありましたが、相場師はまさに
「危険なお仕事」ということですよね。

2014/08/21 (Thu) 06:00

ハルトモ  

No title

しこたまさん、
まったくですね。結婚なんて、けっこうなギャンブルでしょうね

コメント投稿

Trackbacks 0

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
更新順
同カテゴリ