欲望にはきりがある

2014年08月12日
1
0
日々の雑感ーリタイアライフ
駐車場で遠くから
ハルトモさーーんて呼ぶ声が聞こえる
向こうの棟の高校生の女の子だ
英語が好きで将来は英語を使う仕事をしたいという夢を持っている
この施設では成績が良い方だ
 
なんだーいと返事すると
 
電子辞書使ってるよーー
 
だって
この前アマゾンで買って渡したものだ
中古だがとても良いものだし、だいたい高い
タブレットが買える
活用してくれて嬉しいね
 
今朝は中学生の男の子が発熱だ
朝から内科に連れていった
幸い大したことない、風邪薬を処方してもらう
食欲がないという
調理に頼んでうどんかおかゆを作ってもらおうか?
というと黙っている
それで、医者の帰りに
シュークリームとエクレアを買ってやったら
パクパク食べている
そんなもんだ
ちゃんと薬も飲めよ
 
K君の話だ
K君はわたしが担当していたが、
わたしは施設ではK君のことでかなり非難を浴びた
 
お金の使い方を学ばせるために
まとまった小遣いをわたして自分で管理させたり
また、進学やその他もろもろ
必要な書類を施設では
間違いがあっては大変だと職員がやってしまう
それをわたしは突き放してK君にやらせた
K君は悪戦苦闘して
それでハルトモさんは不親切だともこぼした
 
わかるかわからんか
わからんが
K君には言った
 
ここで俺のことを不親切だと思うのは自由だが
世の中に出ていけば、そう思う相手さえいなくなるんだぞ
まず人に頼ろうという考えを捨てろ
そして自分の体験を話した
吉野家で働きながら大学を卒業した話など
 
最後、彼の言葉が忘れられない
 
ハルトモさんにできたんだから
俺にできないわけがない
 
わたしの態度が良いのか悪いのか
それはどうにも結論が出ない
ただ、事実一人で独身寮に住み働きながら学校に行く
K君の様子を聞いて、良かったな、頑張れよと
とそう思うだけだ
 
彼が感謝するかどうかはあまり重要じゃない
ましてや
この施設でわたしのしていることが認められるか認められないか
そんなのどうでも良い
 
明日は小学生の男の子の誕生日
ささやかに誕生祝を執り行う
今から誕生プレゼントを楽しみにしている
 
実際は予算が決まっていて
その範囲で好きなものを買って
それで誕生日までこちらで預かっておくのだ
それで誕生日に渡す
何がもらえるかという驚きはないが
欲しいものが手に入る
 
それはそれで良いのだが
わたしなりにほんの小さなプレゼント用意する
なんでもいいのだ、たいしたものじゃない
だが
もらえないと思っていたものが
もらえるという喜び
サプライズであり
ビヨンド エキスペクテーション
これを教えてあげたいのだ
 
そうすれば感謝の気持ちは自然と芽生える
 
ような気がする
 
わたしがそうだった
こんな豊かな生活と
温かい家庭と
正直、こんな幸せになれると思っていなかった
 
その僥倖に素直に感謝したい
 
もし、この恵まれた己を見るに
さらに欲望が高まるとしたら
そいつは
どこかおかしいのだ
 
そういう奴が多いとしたら
世の中おかしいのだ
どこかで間違ってそだっちゃった
 としか思えない
 
欲望にはきりがあってしかるべしである
 
 
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 1

There are no comments yet.

shikotama7  

No title

欲望には、際限がありません。でも、そうなると人としてのバランスを崩して、結局は落っこちてしまいます。それをあらかじめ分かるのが、智恵というものです。知足は、大事ですが、なかなか出来ないのが普通です。足るを知れば自然と感謝の気持ちが生ずるんですけどね。知識としてだけでなく、自分の生活を意識せずに満ち足りたものとできれば素晴らしいんですけどね。
「わかっちゃいるけどやめられない」のが凡夫です。

2014/08/12 (Tue) 23:53

コメント投稿