相場で勝つなど大したことじゃない

2014年07月31日
5
0
株式投資

 
娘は一応着付けの先生に習っているので
それなりの様にはなる
祭りでよく見る
だらしない浴衣の中高生とは一線を画す
 
まあ上流階級の見る人が見れば
ダメなんだろうけどね
 
わたしも着物は着れるが
これは講談の高座に上がるために練習した
師匠は着物は教えてくれないが
だめならダメと言ってくれる
 
お恥ずかしい話だが
わたしは箸の持ち方が悪かった
子供のころ
きちんと躾を受けていなからだ
(わたしの娘はきれいに持つ)
それで児童養護施設で働きだして
一念発起
正しい箸の持ち方を練習した
二年たち今は子供に教えられる
 
何歳になっても
素直に学び自分を改善することだ
 
児童養護施設で働いて
つくづく良かったと思う
もちろんいろいろ面倒でクビになっても構わんが
でも毎日子供たちと一緒にいて幸せだ
 
社会的な立場もない一職員
はるか年下から命令もされる
 
わたしの同級生は
大企業の役員、部長だったり
大学教授、校長だったり
社長だったり
 
それに引き換え
わたしは今や名刺すらない
もちろん肩書もない
ただのハルトモさんだ
 
こういう境遇を自ら選んで得るというのは
ひとつには余裕だ
だがそれ以上に縁だろう
わたしが施設出身でなけれな今のわたしはない
 
子供の頃、枕が涙に濡れた
毎日寝るときに
なぜか涙がでてくるのだ
そんな経験なされた方おられますか?
 
実はわたしはその涙を持って
相場で勝ち切るのがなぜか当然だと思えるのだ
皆が知らない世界を知っているという確信か?
 
わたしは
自分の娘がまぶしくて仕方ない
決して手が届かないと思われた富裕な世界の子供
それが
わたしの娘であり
なんとわたしが支えている
 
どこか別世界を遠望するようでいて
一番身近な家族
まさしく不思議な感覚である
 
わたしの持つ感覚を共有する人間に
いまだかつて会ったことはない
 
別に会いたいとも思わないが
実際ほとんどいないだろう
なぜ運命の女神はハルトモにこのような僥倖を与えたのであろうか?
自分に与えられた使命を考えずにはいられない
施設で働くのもそのひとつだろうが
わたしには与えられた仕事があるのだろう
 
自分の仕事をするのが
わたしの人生だろうが
 
いまだに自分の仕事がよくわからん
たぶん一生わからんかな?
 
 
 
関連記事

Comments 5

There are no comments yet.

geg**007  

No title

運命の女神はまちがいなく奥さまですね。そこから新しい人生が展開したのでは、と勝手に考えています。(笑)

2014/07/31 (Thu) 22:47

ハルトモ  

No title

ですかね?

2014/08/01 (Fri) 07:06

相場鬼太郎  

No title

初めましてm(_ _)m
子育て真っ最中の親父です。
貴重なお話有り難うございます。m(_ _)m

2014/08/01 (Fri) 22:48

ハルトモ  

No title

鬼太郎さん。すごいお名前ですね。相場師さんですか?

2014/08/02 (Sat) 08:15

相場鬼太郎  

No title

すごいですか・・・(^_^;)
まだ相場師にはなりきれていませんが、
相場師を目指しているものです。
昔よく見ていた「ゲゲゲの鬼太郎」と、
相場関連で影響を受けた、故林輝太郎氏の
お名前を読み替えをひっかけて?こんな
ネームにしてみました。(*^_^*)
年甲斐もなくお恥ずかしい・・・m(_ _)m
今後とも宜しくお願い致します。

コメント投稿

Trackbacks 0

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
更新順
同カテゴリ