年齢による勝負勘の衰え

2014年07月03日
4
0
株式投資
プロの相場師のブログを読んでいると
年齢による判断の遅れ・衰えを気にしているようだ
これはあると思う
 
判断の頻度が高いと特にきついと思う
頻繁に売買していたら集中力も続かないだろう
 
ある程度の年齢になって
まだ相場でめどが立たないのであれば
もう才能はないと見切ったほうがいいんじゃないかしら
ただその年齢というのは個人差あるでしょうけどね
 
気力の衰えというのもある
 
もう十分金はあって儲けなくてもいいや
そういう人がどれだけいるかは別にして
モチベーションが上がらないってのは実は気力の衰えじゃないと思う
 
気力の衰えってのは
自分では前と何も変わっていないつもりなのだが
なんか以前とは気の持ちようが違うてことだ
だから逆に怖いだろうね
たぶん
 
これら年齢による衰えにどう対処するかというと
 
やはりやらないというのが
良い答えだと
わたしもそう思う
 
長年やってきて
そんなに頑張らないといけないようでは
そのことそのものが
才能がないという証明だろうから
やらないほうがいい
 
すでに成功して余裕があるなら
もう無理することはない
 
どっちにしても
あくせく
勝負勝負というのは
無理があるような気がする
 
まあ個人差
ひとそれぞれのことだろうけど
 
わたしは今56歳だけど
最初の勝負で大きく勝ったのは40歳前
その後人並み以上の裕福な生活をしてきているので
なんだか貧乏暮らしは思い出でとなって
ノスタルジアである
もしこれから貧乏になったら
貧乏に耐えられないだろうし
もう這い上がることもできないだろう
 
投資を始めた30代の終わりごろは
仮にだめでもまた勝負してやるとか、
また別のことで頑張ればいいや
とか
そういう意味で胎が据わっていた
負けを恐れない
 
今はそうじゃない
すっかり緩んでしまったということ
それが気力の差ということになるんだろうと思うが
 
緩んだものは緩んだもので
それでいいんだろう
緩んでたほうがたぶん体にもいいし
投資以外も楽しいし
 
自分で緩んでますと
わかってそれなりに
やっていくしかない
 
ますます手堅くなっていくんだろうな
 
 
 
 
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

-  

No title

株をやりだすとギャンブルと同じで止められません、高齢に成る程止められないのです。だから銘柄を絞るしかありません、3~5銘柄をやっていくのなら問題ないでしょう。

2014/07/03 (Thu) 13:35

ハルトモ  

No title

そんなものですか?

3-5銘柄、私には多すぎです。

2014/07/03 (Thu) 14:25

ベトナム  

No title

そうやってだんだん衰えていくんですかねえ
まあもう下ってるのは間違いないでしょうから
銘柄を絞るというより、取るところを絞るべきかな
その時の力で取れる取りやすい所だけ出動して
取れる幅だけ取るということになるのでしょう

2014/07/03 (Thu) 19:14

ハルトモ  

No title

ベトナムさん、言われる通りだと思いますが、そうなるとわたしはほとんど出番がないのです。

わたし自身、専門であった業界は既に去りましたし、その業界も大きく化ける企業はまず出ない状況になってきています。

わたしの場合はちょうどいいですね。これで終わって、あとはイベントドリブンで行きます。

コメント投稿

Trackbacks 0

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
更新順
同カテゴリ