たまに高い外食よりも、そこそこのお店でたくさん外食してます

2024年05月17日
0
マネーと生活
17154321790.jpeg

17154321930.jpeg

17154322070.jpeg

17154322660.jpeg17154322460.jpeg
最近よく行く地元のイタリアン
これだけいただいてワインやビールを飲んでも
一万円いかないです

鮨というと今でも1人一万円以上の店に行ったりしますがそこもランチなら半額です。うなぎは5−6千円。それ以外はイタリアンとか中華に行っても2人で一万円でお釣りが来ます。これって現役時代に比べると値下がり傾向です。昔は夫婦で2万円くらいはよく払っていました。今はそんなかかる店に行きません。ひょっとして高い店高級な店だってことで自分がそこに行きたがっていたのかもしれません。それがだんだん当たり前になったいたのかも。今は那須でホテルで夕食をとりますが夫婦で一万円を超えることはボトルを入れない限りないです。それで昔よりディナーの満足度はむしろ上がっているような気がします。結局ディナーという楽しみの時間はその時間の所有者によって質感かわってくるのかもしれません。今は何を食べても美味しいと感じる気がします。きっと以前よりもさらに気持ちが鷹揚になっているからだと思います。まあそれでもそれなりにそこそこなものを食べているから言えるってことだってのはわかってます。お金を気にして暮らしていたらこういう話になりっこない。何せ外食と言っても回数がやたら多いのです。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ