将来の売り上げと利益は予想できるか? 「売り上げ編」

2024年04月18日
0
株式投資
17132548620.jpeg

PERの意味についてだいぶ前に記事を書いて読者さんから質問をいただいたんだなと今頃気づきました。そのうち書こうかなと思って忘れたのかもしれません。この会社は伸びると思うって漠然たる話から一歩踏み込んでどれくらいの成長が期待できるか具体的に予想してみるって話です。結局投資において株価を予測するってことは業績を予測するのとイコールなんです。将来の売り上げと利益の計画というのは発表している会社もありますがそういうのはかなり強気な数字で本当に達成できるかなって感じるのが多いです。たぶん会社の中では、進行中のプロジェクトとか新製品とか、あるいは既存の商品などを積み上げで計算しているパターンがあると思います。これは会社の外からは見えません。ただ別の視点があって市場の成長率に市場占有率を掛けて算出するという方法があり、これは社内でも使いますが、社外の人でもある程度は予想(予測じゃなくて予想)が可能だと思います。売り上げが100億円の会社があるとします。市場の占有率は20%だとしましょう。つまり市場規模は500億円です。この市場規模が5年後に800億円と予測できるとして、その時に市場占有率を20%から25%にシェアを高めることができれば売り上げは200億円になります。アバウトでいいんです。そこで過去のシェアの推移を見たりします。過去5年間ずっと同じようなシェアなら急に上がるのは難しいでしょう。でも仮にですがA社がシェア80%でB社が20%だけど、B社は毎年シェアを上げているなんてケースはこれは30%くらいはいくんじゃないかなって予想するのはおかしな話でもありません。まあ予想というよりイメージという感じですが、株式投資においては市場の先行きとの見通しと、それとライバル企業に勝てるかどうかてのは大切な視点だとわたしは思っています。ライバル企業との比較は製品を見てもいいでしょう。そう言う意味ではB to C ビジネスの方がイメージしやすいです。iphoneを見てアップルのシェアが今後伸びると思うか下がると思うかって話といえばわかりやすいでしょうか?せめて自分が投資している会社のシェアくらい知っておいたほうが良いと思います。さて利益の予想はまた別の記事にしましょう。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ