台北観光、ちょっとユニークな視点で構成したいと思います

2024年04月22日
0
旅を楽しむコツ


スクリーンショット 2024-04-13 10.54.40
旧台湾一中
台北市立建国高級中学のサイトより

九份てのは宮崎アニメのモデルとなったとかなってないとかで、日本人にはすごく人気がある街なんだけど歴史もなくて映画の舞台から観光地化したところのようです。そういうことで今回は九份はパスして、その代わりに台湾一中とかマニアックなところを攻めてみたいなって思っています。なぜ台湾一中かと言うと今回一緒に行く友人の親父が台湾一中の出身で一度見てきて欲しいといわれているそうだからです。日本統治時代の建物がそのまま残っているそうでです。それ以外に外せないのは「台湾総督府」日本統治時代の建物が現役の総督府として使われていて見学できるようです。台湾国立博物館ってのもあって、ここは旧総督府で児玉源太郎の銅像なども保存されているようです。それ以外にも旧三井物産とか旧勧業銀行とか、こういうのが台北駅そばに集中しているので、半日かけて見て回ろうかなって思います。あたり前ですが古い建物だし、中国が台湾を侵攻占領したら日本ゆかりのものはすべて破壊するような気がしますので今のうちに見てみたいとも思います。その他「北投温泉」というのも日本統治時代に開発された温泉で今でも当時の建物が残っているそうです。日本の高級旅館加賀屋の分店もあるそうで、日帰り湯を楽しむのも一興かと思います。その北投のちょっと先に淡水という海のそばの街があって、ここはヨーロッパの影響を受けた街だそうです。のんびりと散策するにはうってつけかな、なんて思ってます。ちょっと九份は興味がなくなってきました。歴史がないですからね。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ