どんな街に住むかと幸福度の関係

2024年03月27日
0
家のこと不動産投資のこと

子どもの頃から引っ越しが多い人生です。社会人になってからでも8回くらい引っ越しをしています。でもそれは30代まででその後はずっと同じ街(駅)に住んでいます。今自分が住んでいる街をとても気に入っています。いろんな街に住んで、いいなあと思う街とちょっと合わないなあて思う街とがあります。駅の雰囲気とか店の雰囲気とかそこに行き交う人々の雰囲気とか。もっと言うならご近所の住人とか。どうせ住むなら自分が愛せる街に住んだほうが良いわけです。さいたま市界隈でも駅が違うとかなり雰囲気が異なります。大きな駅だと駅のどっち側とかこっち側とかでも雰囲気が違ったりします。わたしが住んでいる駅はわたしの出口の逆の方がむかしからの街でお屋敷街もそっちにあって高級住宅が並ぶ街もあります。昔から住んでいる人が多くて商売やっている人も多い。お店も老舗とか名店はそっちが多い。一方わたしが住む側は庶民的で大きなビルもなくて雰囲気は少し違っていましたが、ここ10年くらいでだいぶ開発されて綺麗になったんですがやはりいまでも庶民的な感じでわたしはこっちの方が気に入ってます。でも駅を変えるともっと庶民的な街がありますし、それと若者がたくさん住んでいる街とか、単身者が多い街とか、家族持ちが多い街とかでお店を含めて街全体雰囲気が変わってそこは自分が住んでいて心地よいかどうかってことだと思うのです。わずか数駅離れただけで歓楽街とか風俗街とかが並ぶ駅もあるのでけっこう住む街選びって大切で、特に子育てなどを考えると住んでいる街の影響って大きいと思いますし、小学校中学校の雰囲気もかなり違います。あるブロガーさんが毎日暮らしていて不愉快な人間を目にすることが多いような記事を書かれていました。たぶんそう感じるってことはきっと住む駅を変えるとか住むエリアを変えるだけで雰囲気が変わって不愉快な思いをする確率はぐっと下がるんじゃないかなって思います。かと言って自分が気後れするような街にも住みたくないわけです。自分のことを「なんだこの野郎」って視線で見ている人が多いならそれも合ってないということかもしれません。わたしはマンション買う時に実は違う駅のマンションの仮契約まで行ったのですが、事情があってキャンセルしました。その駅に住んでいたらどうだったんだろうなって思います。やはり住んでみないとわからないってのはあります。今の駅に住んで約30年ですがとても気に入っています。そういう街に出会えて住めたと言うのはラッキーだったなって思います。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ