100万円あげる

2014年06月08日
0
0
児童養護施設のこと
雨が続いている
子供たちも外で遊べず欲求不満気味だ
今朝は小学校6年生の男の子が
家の中でテニスの壁打ちを始めた
ほかの人間に迷惑だ
騒々しいし危ないし
ほかの子供も怒っているが
いくら注意しても止めない
そのうち私の頭に当たった
ごめんと謝る
 
もう止めろ
というと
ちゃんと誤っただろう
と言い返す
 
そこでわたしは
考えて
言ってみた
止めてくれたら100万円あげる
 
こどもは
へ! 本当?
 
といい壁打ちを止めた
わたしは彼に近づきボールを預かる
 
子供が言う
止めたんだから早く100万円頂戴
 
わたしは答える
100万円はあげない
 
 
嘘つき!
 
ああ、そうだ
嘘ついた
 
そこでわたしはほかの子供にも聞こえるように
落ち着いて話す
 
悪いことをしていた人間が
悪いことを止めればお金がもらえるという約束をした
この約束は有効だろうか?
 
仮にだ
誘拐犯が身代金を要求した
警察はお金は払うと約束した
さて犯人が捕まっても
誘拐犯に警察はお金を払わないといけないかい?
 
中学生が答える
払いっこない
誘拐する奴はすごく悪い奴だ
そんな奴に金を払う必要はない
 
だが嘘をつくということは悪いことじゃないかい?
 
嘘は悪いけど
誘拐はそれよりずっとずっと悪い
誘拐犯を捕まえるために嘘を付くのは仕方ない
 
では
今のハルトモさんのケースはどうだろう?
 
ほかの子供が答える
100万円なんて、もらえっこない
そんなのわかりきっている
それとは関係なくテニス止めるのは当たり前だ
 
でも約束したんだぜ!
当の子供が言う
 
わたしが聞く
じゃあ
嘘をついたのと
テニスを家の中でやるのと
どっちが悪いんだろう
 
いい勝負じゃね
 
そうだ
ハルトモさんもそう思う
テニスをするのも悪いけど
テニスを止めさせるくらいで
嘘をつくことはない
ハルトモさんがやりすぎた
 
じゃあ
100万円頂戴よ
 
そういうもんじゃない
嘘をついたハルトモさんも悪いけど
テニスをする君も悪い
だから100万円ってわざわざ言った
嘘に決まっていると誰でもわかるように
 
君に100万円は払わない
こういう結論もあるんだ
 
こういう機会に
子供は自分の頭で考えてくれればいいかなって思う
 
嘘にもいろいろあるということ
許される嘘許されない嘘
見え透いた嘘、巧妙な嘘
また、嘘の重みがそれぞれ違うということ
また悪いことにも重みがあるということ
その兼ね合いでいろんな結論が出るということ
一方が正しくて一方が悪いという単純なものでないこと
両方正しいこともあるし
両方間違っていることもあって
それで比べて結論がでるということ
 
そこで話は終わった
あんまり子供が食い下がるようなら
実は
オチを用意してあった
 
100万円あげる
上げる
手に持って上に上げて
それで100万円
上げたって言おうと思ったのだが
 
そのオチはまたにとっておこう
 
 
それにしても
我ながら思う
かなりユニークな教え方だな
 
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿