最初から集中投資じゃなくて「どうやって集中投資に持ち込むか」です

2024年03月17日
0
株式投資
17103928780.jpeg

儲け=値幅X株数てのは何度もここで書いていますけど、値幅ばかり気にする投資家さんが多い印象があります。大切なのは値幅よりむしろ株数。儲かるところでどれだけ張り込めるかなんです。なぜなら株価は自分で決められないけど株数は自分でコントールできるからです。銘柄名と値幅だけを語る人ってのたいてい永遠の初心者です。じゃあ集中投資かと言うと、集中投資っていうとなんかの銘柄に最初からどかんと突っ込んであとは上がるの待っているって思っている人いるかもしれませんがまったく違います。最初から集中投資ではないのです。結果として集中投資になっていくのです。その集中投資への道筋をここでしつこく書いています。資金管理された分割売買です。例えば全資金の5%を1銘柄に投資するとします。それを5名柄持っていれば全部で25%です。

A株     5%
B株     5%
C株     5%
D株     5%
E株     5%
キャッシュ 75%

75%は現金で持っている。わたしはノーポジでも待ったりしますけど今は10%くらい2銘柄ホールドしています。その他保有してないけどウォッチしている銘柄があります。まあ話として25%ポジションでします。それで5銘柄のうち(新規でもいい)A株がここがチャンスだと思えば買い増していくわけですが分割しながら買い下がります。5%買って10%買って10%、25%とか買えば50%になります。この時に資金的な余裕を持つためにBとかCは利確してもいい。だからこそ常に含み益のあるものをホールドするのが望ましい。含み損じゃ売りにくいでしょ。

A株     5%+10%+10%+25%=50%
B株     5%-5%=0%
C株     5%~5%=0%
D株     5%
E株     5%
キャッシュ 40%

まあこんな感じになると5銘柄均等の分散投資?だったのが集中投資に変貌したわけです。こうやって集中投資にうまいこと持ち込めれば儲けが最大化できます。最初から分散投資か集中投資か、どっちなんて話じゃない。集中された勝ちいくさのシナリオにどうやって持ち込むかってことです。いろんなやり方があるとは思いますけど、いずれにせよ最初から集中投資ってのはそれはまさにピンポイントのまぐれ狙いで、勝ち組としてはわたしはないと思います。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ