謙虚さと貪欲の関係

2024年03月12日
1
株式投資
17101593650.jpeg

わたしは株式投資を例えば芸能とか芸術とかスポーツなどとごっちゃにして考えるものじゃないと思っています。このブログでスキーとかゴルフの話題も書きますけど自分はまだまだだと思ってるし偉そうなことなんか書けません。もっと上達できるものならしたいって気持ちもあります。(最近は難しいのでなのとか維持したい)でも株式投資てのはほとんどの個人投資家にとって儲かればいいことで自分が得たいだけの儲けを得たなら止めるくらいの方が健全だと思うのです。使いきれないほど儲ける意味はないって思います。でも株式投資の話をするカリスマ投資家さんの中には、自分はまだまだです。反省すべき点を改善してもっとパーフォーマンスをあげたいとか言っているのを聞くと、わたしなどは、この人どこまで儲ければ気が済むのかなっって気持ちになるんです。でも世間の人はそれを謙虚と受け取る。わたしは謙虚だとは思わない。よく言えば貪欲、悪く言えば強欲に見えます。わたしはかなり世間とは感覚がずれている人間だという自覚はありますけど、わたしから見たら儲ける方はほどほどで切り上げて儲けたお金を生かす方のフォーカスする方が分を知るという意味でよほど謙虚だとしか思えない。投資家として儲けたお金で上を見たらキリがないじゃないですか? 自分よりたくさん儲けている人と比べて、自分なんか大したことないって感覚も違和感があります。投資は儲けた順に偉いわけじゃないです。投資を通じてその人なりに幸せになればいいだけのことです。わたしみたいに自分が儲けたお金で十分満足してはしゃいでいるくらいの方が可愛げがあるんじゃないでしょうか? ちなみにわたしは自分ができることしかやらない人間です。できもしないことを夢想しません。人とどう接するかというテクニックでなく、自分自身の分を知ることが本物の謙虚だと思っています。
関連記事

Comments 1

There are no comments yet.

savers19  

いやあ、ごもっともだと思います。

陰キャラというのでしょうか、アクティブに外で発散することがかえってストレスに感じる人って、意外と多くいるような気がします。テスタさんもどちらかというと、そんな感じでしょうかねえ。

もっと露骨に言うと、趣味がないという感じの人。何をしてもつまらない。別にうまいものを食べてもそんなに感動しないし、旅行していろんな景色見たり、文化のギャップを感じても別に刺さらない感じの人。そんな人からしたら、有り余る時間を費やしてくれるいいゲームを見つけた、という感じではないでしょうかねえ。つまりこのゲームを途中で終えたところで、お金をうまく使って自身を満たすものが見つかっていない人ではないでしょうか。

昔いたBNFさんはもう株はやっていない感じですね。彼は自身を満たすなにかを見つけたのかもしれません。結婚されて、奥さんが楽しそうにお金使うのを見ていたら、一緒に楽しめるようになったなど。

コメント投稿

更新順
同カテゴリ