資金効率と機会損失

2024年03月10日
0
株式投資
17099668800.jpeg
黒胡麻担々麺
地元でなじみの本格中華店
夕食で行ったりテイクアウトだと麺類が選択肢にないので
ランチでは麺類をいただくようにしてます

わたしのように待っている時間が長い人間だと機会損失が多くて結果資金効率が悪いのではないかと考える人がきっといると思います。それが多くの人が待てない理由だと思います。何もしないで待っているってことが無駄に感じるわけです。現在のような上げ相場だと特にそう感じると思います。機会損失をしないためには自信度が高い投資先にだけ絞り込むのではなく、自分なりの基準で手を広げていく必要があります。したがって分散投資になります。分散投資というのは安全性確保というメリットが語られることが多いですが、分散すればするほど「良い集中投資」と比較すると資金効率が下がるのです。100銘柄買って100銘柄全部を5倍10倍にするってことは不可能だと思います。でも1銘柄に集中投資をして5倍10倍にしたって人はけっこういます。つまり「良い集中投資」というのは抜群に資金効率が高いのです。その「良い集中投資」のチャンスを待つために多少の時間的な機会損失は受け入れるというのがわたしの考えです。ただ良い集中投資機会を見抜くためにはそれなりの研究が必要です。精神面も慎重かつ豪胆という良い状態を維持する必要があります。それができる人にしかやる価値はない投資スタイルと言えますので参考にできる人は限られると思いますがそれでもポテンシャル的に100人とか200人に一人はいるんじゃないかな漠と思います。そういう人に向かって檄を飛ばすのはまんざら無駄な作業でもない気がするのです。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ