日本経済は今後伸びていかなくて良いとわたしが考える理由

2024年03月06日
0
マネーと生活
スクリーンショット 2024-02-27 7.36.08

同じグラフを再掲しますけど、今後急速に労働人口が減っていく日本ですが、GDPというのが労働人口と一人当たりの労働生産性に比例するなら、後者の一人当たりの生産性はどうでしょうか? わたしは上がる余地がないと思います。戦後の高度経済成長と比べてもあるいはバブルの時期と比べても今の日本人は儲けるため稼ぐために必死こく何て気はありません。できるだけ消耗せず生きるほうが優先される風土になってます。ギラギラとした上昇志向もありません。国民が一丸となってひた走り走るなんてないです。それがいいかどうかは別の議論ですが、とにかくもう日本人は朝から晩まで必死に働きはしないのです。24時間闘えますか?なんてコマーシャルが流行ったのはバブルの時です。誰も違和感感じなかった。当時の日本人の一人あたりの生産性は長時間の献身的労働の賜物で、時間あたりで見れば欧米の仕事の仕方のほうがずっと効率的でした。

根回しした挙句に無駄に会議が長くて稟議書にハンコが並ぶなんて、今でもやっている会社あるんですかね? こういう日本人だったからこそウルトラマンなんてヒーローに憧れたんでしょう。怪獣退治というわずか3分間で繰り広げる高い労働生産性に日本人は喝采をあげた。もうああいう時代は来ないでしょう。であれば人が減る分だけ衰退するに決まっています。ただ何度も言うようにそれが悪いわけじゃない。高度経済成長やバブルの時代の日本人は決して幸福感が高かったとは言えないと思います。多少暮らし向きが上がるのを心の支えにしてあらゆるものを犠牲にしていた。必要なのは日本経済復活なんて妙な悪あがきのハッパをかけるんじゃなくて、どうすれば幸せに衰退していくかにテーマを絞る現実路線、まさにムーミン谷のような国を目指せばいいとわたしは思っています。ムーミン谷の住民が素晴らしいのは、彼らなりには真剣に生きているんですが、なんか間延びしてのんびりとしていることです。それがユーモラスでもある。わたしのリタイアライフはムーミン谷をベンチマークにしています。一言で言うなら「無駄に忙しい」わたしのテーマです。

スクリーンショット 2024-03-02 13.58.32
以前遊びに行った
ムーミンバレイパークにて

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ