逆境と順境

2024年02月21日
0
人生の考え方
17080679090.jpeg

順境では強いけど逆境になるととたんに弱いって人はけっこういると思います。というかそれが普通です。何不自由なく育って挫折を味わうと立ち上がれないなんて話はよく聞きます。でもわたしは逆境にやたら強い。ミッションクリティカルほど燃える。ではそのわたしが順境に強いかと言うと弱いのです。自分が有利だという戦いだと集中力が高まらない。勝って当たり前だから。ゴルフなんかやるとよくゴルフ仲間から言われたものです。出だしでトリプルボギーとかわたしが打つとあとが怖いって。すごい追い上げをする。ところが出だしでバーディーとかとるとあとから崩れる。だから怖くないって。よくわたしのことを見ているなって感心したものですが確かにその通りです。たぶんだけど順境と逆境とどっちも同じで変わらないって人はいないんじゃないかなって思います。ただそこで大切なのは自分はどっちに強いかを知っているかってことだという気がします。わたしの場合は幼少期から逆境逆境で育ちましたから本当に順境と言えるのは40代半ばからです。その頃には分別もついていて自分てものもかなりわかっていたのと、やはりなんだかんだ言っても逆境から順境に転じた理由に僥倖というものもある。自分の運に感謝する気持ちも育つ。順境になっても調子に乗らないって分別を得たわけです。幸せな家庭を持ち妻というよきブレーキ役を得ていたのも大きい。わたしが投資から距離を置いた理由の一つが妻がもうそんな稼がなくても儲けなくても良いと言ってくれたことです。だからこそサラリーマンも辞めて児童養護施設に転ずることができた。もしも妻がブレーキをかけてくれなかったら、株も仕事もやめてなかったかもしれないと思います。株でも仕事でもいつかハルトモはこけるぞって期待?して待っている人っていたと思いますが調子に乗っていそうで実は乗っていない、順境ほど無理をしないから、そうはならない。こうなれたのも巡り合わせと運だと思います。とにかくわたしはついています。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ