減配して下げた株をどう狙うか?

2024年02月06日
0
株式投資
スクリーンショット 2024-02-05 7.52.31

2020年に大きく減配して株価も大きく下落したところでわたしが購入したさる銘柄です。かつては高配当狙いの定番のような会社でしたが3分の1にまで減配した。それが3年でピーク時の70%ほど、購入した時の倍にまで復配してきました。2020年の第一四半期のレベルに戻るのはまだ時間がかかると思いますがまあ順調な復配ぶりかなと思っています。現在の株価が60ドルとすると配当利回りは4.5%ほどになりますが、わたしが買った値段は24ドルでその後8ドルは配当をもらっていますので原価は16ドル。わたしの原価ベースでは配当利回りは16%を超えています。このままいけばあと5年で原価がゼロにできそうですが、そこはのんびりと構えていればよいかなって思います。このように減配して株価が大きく下げた時というのは買い場になることもあるわけですが、そこでどこまで下がるかって値頃感もある。やはり基本は資金管理して分割買い下がりってことだと思いますが、結局それもその後業績が上向いて復配するということが前提になるわけです。その見通しがどれだけあるのかってことですが、それは投資する会社のビジネスをどれだけ理解して把握しているかってことにかかってくるわけです。長期低迷して復配できない会社だってたくさんあるわけです。であれば株価も低迷するに決まっている。配当を意識して買う人は、企業業績の回復を待つという意味で復配するまで待つのが王道だと思います。基本中長期投資になるはずだと思います。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ