投資する業界の選び方

2024年02月05日
0
株式投資
17069478830.jpeg
カレーの翌日はチーズ入り焼きカレー

あおぞら銀行の無配転落が話題ですが、日本の銀行というのは似たようなことをやっているという印象があるのでどこかがやられると多かれ少なかれ他の銀行も被弾するってのはありありそうでリーマンショックの時はもろだったわけです。わたしは銀行株ってのは手を出したことがないのですが、その理由は何をやっているか理解できないからです。同じ理由で総合商社株とかも買わないです。全然わからないがたぶん投資でしょう。実際に物を動かすビジネスってのは外からでも素人でも比較的見えやすいわけです。それもB to Cが一番見えやすい。どういう業界に投資をするのかを決める時にB to C かB to Bかという切り口は意識しても良いと思います。B to Cというのはご存知でしょうか? Business to Consumer で消費者を相手にする会社です。その一方でBtoBというのはbusiness to Businessで例えばこれは半導体業界とか自動車部品業界とかで消費者相手ではなく企業を相手にしてその先で最終消費者に行き着く。

つまりB to Cというのは下流になるから一般人からも見えやすいけど上流に行くほどわかりづらくなるってことです。今わたしが保有している銘柄も物が動くB to C ビジネスです。B to Bは外からはわかりづらいので逆に業界に詳しい人間にとっては有利に働くのでそれを活かすという手があります。わたしは自動車部品業界においてはやたら詳しかったわけですのでその優位さを活かした株式投資をしたということです。話題の半導体業界なんて簡単に手を出そうなんて思わない方が本当は良い。だって詳しい人間はすごく詳しいんだから門外漢は不利になる。そこで一生懸命調べて詳しくなるって手も当然あるんだけど、こういうことまで考えてみなさんやってますかね? 株ってのはどれだけ有利なポジションを築くかって勝負なんです。少なくとも企業を調べて投資をするって人なら基本的なことだと思います。バカにすんな。そんなの当たり前だろうてならいいのですけど。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ