当たり前の発想では成功できない理由

2024年01月27日
0
株式投資
Screenshot 2024-01-23 23.06.41
静かだけど打ちごたえのあるキーボード

タイヤってのは転がりの抵抗を少なくすると燃費がよくなる。一方でグリップが悪くなるので走行安定性は悪化する。これを乗り越えるのが技術の進歩です。燃費が良くて走行安定性も良いタイヤを作るわけです。人員を削減すれば仕事の進みが遅くなるではなく、人員を削減しつつ業務の効率を上げるてのが良い仕事。つまり相反する2つの要素を高次元で両立させるのが優れた仕事人ということになります。株式投資では高いリターンを狙えばリスクも高くなるというのは誰でも考えること。大儲けなんか狙わないで長く生き残ることが大切なんてのはわたしに言わせると知恵がない考えです。それでは少数の勝ち組にはなれない。生き残りだけが目的なら株なんてやらずに働けばいいのです。株で成功する人は大儲けを狙いつつも生き残りを目指す、つまりリスク<リターンという状態を作るのです。リスクを最小化しつつリターンを最大化する。一見相反するテーゼを両立させるからこその知恵者ということかと思います。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ