ガツンとやられた経験は活きるのか?

2024年01月25日
5
株式投資
17061559400.jpeg
雪見風呂ってのはまことによござんす

わたしの20年来の友人で最近億り人になった人がいます。おめでとうございますですが、投資経験はわたしと同じくらいです。30年近いと思います。その方は株を始めて数年で2千万円を溶かした、と自分で言っているのでそうなんでしょう。いわゆるガツンとやられた。そこで目が覚めたわけです。どう目が覚めたか? それはよくわからないけど少なくとも慎重になったようです。そしてわたしに遅れること20年で億り人になったわけで、つまりガツンとやられると10年20年、あるいは一生もんとずいぶんと遠回りするってことです。まあ遠回りというのもわたしと比べればです、わたしはその友人が溶かした同じ2千万円を数年で億にしたんですから。じゃあわたしはガツンとやられた経験がないかというと通じる経験はあるんです。ガツンじゃなくてダラダラやられた。競輪です。競輪が大好きでやめられないけど負ける。このままじゃ破滅だと思った時にある本に出会った。三原氏が書いた本で今でも心の師匠です。学んだことは「競輪が好き」じゃだめなんです。「競輪で勝つのが好き」に変わった。勝って始めて好きと言えるのです。わたしだってどちらかと言うと株は好きです。でもそれ以上に勝つのが好きなんです。「株で儲けるのが好き」逆に「株で損するのは大嫌い」です。損するくらいならやらないほうがいいのです。このマインドセットがあるからこれはというチャンスを待てるんです。

最近の記事にお二人からコメントをいただきましたがどちらもガツンとやられた経験がおありだと思います。お一人は直接聞いているけど借りた数百万円を溶かした。そこである本に出会ってこれだと思った。その方が偉かったのはそこで株を数年休んで自分の実力を磨いたことです。どうもその流派?ではチャートを手書きするといいらしいです。それを数年やったそうです。そしてその後捲土重来して今は億り人です。もう一人はコメントからの想像ですがたぶん準?億り人です。そしてたぶんガツンとやられた経験がある。最初の例と合わせて三人ともガツンとやられた経験がある。ネットで億り人をみてもほぼすべての人と言っていいくらいガツンとやられた経験ってあるんです。ただ言えることは株のガツンはでかいし、仮に立ち直っても10年20年と遠回りする。それどころか「株なんか儲かるもんじゃない」とか「株はコツコツ堅実にやるもんだ」なんて反省になってしまう人の方が多いのです。株では決してガツンとやられないってことをわたしは最初から考えてました。かと言ってコツコツ堅実にやるもんじゃないってこともわかってました。コツコツ堅実にやるくらいなら働いたほうがマシです。

株が怖いのは実力がなくても調子がいいだけで5年10年も勝ち続ける人もいるけど、その分ドカンとやられたらそれが大きいのです。20年勝ち続けてその後立ち直れないくらいのダメージを受けた人をわたしは直接知っています。昨年お亡くなりになりましたがわたしの反面教師でした。株は何年か勝ち続けると自分では実力があると勘違いしやすい。ちょっと最近儲かったくらいで株を教えようって人も多い。一方で競輪は年間通して勝ち越せる人なんてほとんどいないです。それでダラダラと負ける。たまに勝ってもしれている。だから自分は実力があるなんて過信するなんてことはまずない。逆に言えば何年も勝ち続けているならそれは実力なんです。ただ実力がいくらあっても環境が変われば勝てなくなる。これは株も競輪も同じです。株の場合は自分がなぜ勝てているのかその理由が正しくわかっていないといつかどこかでドカンとやられるってことになりがちだと思います。ということで株ってのはドカンとやらられるなら早い方がいいってことかと思います。それも立ち直れる範囲で。その上で正しく反省ができないといけない。ゲームの本質を理解しないといけない。そのまた上で10年も20年も時間がかかるってことです。わたしは競輪のおかげでそのプロセスをすっ飛ばせたわけです。じゃあハルトモみたいに競輪でもやるかってのは止めてください。株よりはるかに難しく厳しい世界です。一時間おきに株券が紙屑になったら大変でしょ。
関連記事

Comments 5

There are no comments yet.

ベトナム  

こんにちは。
そうですね なぜ勝てたか、勝てているかを理解できないと 必ずどこかでガツンとやられます。
僕の場合は儲ける前だったので、コンッとやられた程度ですが、
何せそこから マイナスからのスタートですから時間がかかりました。

今の相場で儲けられない人は、多分ずっと儲けられないんじゃないかと。
あと1、2年? 今はそんな相場かと...

2024/01/25 (Thu) 13:55

savers19  

なるほど。いろいろと考察をありがとうございます。たしかに私の今までの積算確定済利益は億を超えています。
私はほとんど損切りできないので、クラッシュで何度もマイナス何千万の含み損を経験しています。
最近だとコロナショックのときに、-3500万くらいは行ったような記憶があります。それが私にとってのガツンです。

地頭のよさや想像力(人の経験などを現実的に自分の心身に刻み込める気質)の幅によって、必要なガツンの大小は個人で変わってくるでしょうねえ。晩年の「大」は嫌ですねえ。自分の頭で考えず、祈るようになったら、相場から足を洗います。

2024/01/25 (Thu) 16:45

川口晴朋(ハルトモ)  

Re: タイトルなし

そうですか?億り人さんだったんですね。失礼しました。
わたしのブログ読者には億トレがけっこういるんです。

2024/01/26 (Fri) 07:06

川口晴朋(ハルトモ)  

Re: タイトルなし

売りでやられている人がけっこういるみたいですね。

2024/01/26 (Fri) 07:08

savers19  

いえいえ、とんでもないですよ。私にとって億稼いだかどうかなんて、どうでもいいんですよ(←かっこいいと思わせて、よくよく考えるとただの強欲野郎やないかと思われるパターン)。

私のように損切りがあまりできない人(まあ最近は100万円程度ならできるようになりましたが)が喉から手が出るほど欲しいものって、dead-stockを引かないようにする能力、そしてdeadをaliveに変身させるために「待つ」を能力なんです。この2つのヒントがここにはあるんじゃないか?という狙いでここに棲みついています。

俯瞰で見たときに、執拗に誹謗中傷する人と私の精神構造はほぼ同じかもしれません。妄想というフィルターを駆使して、この人はきっとこうしているだろうから・・・という思考を繰り広げる点は同じなわけです。ちょっとした違いは、それを自分の勉強に使うか、自分の憂さ晴らしに使うかってことですね。これもやはり想像力の差なんだと思うんですよ。

コメント投稿

更新順
同カテゴリ