労働などでコツコツと得たお金を株で失う気持ち

2024年01月24日
2
株式投資
17054643360.jpeg

勘違いしている人が多いなあって思うのは株でコツコツ堅実てのはないのです。コツコツ堅実てのは安定していてリスクがないものに使う言葉です。一番ふさわしいのは貯金です。労働で得たお金を貯金するのがコツコツです。コツコツ堅実に働くって言いますよね? それと株が同じわけがない。株で堅実コツコツという言葉を使う人はチマチマとかチビチビと混同しているんだと思います。株ってのはどんなに固くやろうとしてもドカンとやられることがあるリスクがあるってそういうゲームの性質ですからコツコツ堅実と言うには無理があるのです。むしろ危ないものだという認識があれば振る舞いもおのずから変わってくると思います。生半可な気持ちでそれこそコツコツを得たお金をつぎ込むもんじゃないです。余剰資金という言葉も勘違いしている人が多いです。失っても構わないお金、、そんなお金なんてあるわけないじゃないですか? 失ったらたまらなく痛いお金だけどそれでもなんとか破滅しないで生活は維持できるてのが余剰資金なんです。だから軽い気持ちで手を出すもんじゃない。でもこんな文章を読んでも誰もなんとも思わない。自分が汗水垂らして働いたお金が溶けていくと初めてわかるようです。そういう人に本当はどんな気持ちですか?って聞いてみたいのですが、さすがに聞いたことはリアルでもネットでもありません。聞いたら気持ちを逆なでするでしょう。なぜ聞いてみたいかと言うとより深く理解したいからです。自分にはわからないって気持ちがある。自分ではわからないって気持ちがあるからこそ想像力が働いて共感して自分は気をつけようと思う。この想像力というか共感力と言うか、自分は経験していないけど、でも経験した人に近いくらいの感覚で怖れることができる人が生き残っていくんじゃないかなって思います。ちなみにコツコツって言いながら勝ったり負けたりする人と違ってわたしは株では負け知らずです。株はコツコツ堅実じゃないってことをわかっているからこそだと思います。
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

savers19  

実体験して初めてわかる気持ちなんですが、ある意味この手の経験は価値あるのではないか?と考えています。

大半の人はあまり自分の頭で考えずにのほほんと生きていて、ガツンとやられると、やっと自分の立ち位置とか、そもそも・・・と考え始めるのではないでしょうかねえ。

この機会を契機に「自分の頭で考えられる人」になれるなら(人によっては)安いものかもしれません。まあ考えてわかるほど相場は簡単でもないという嫌なオチもつきそうですが。

2024/01/24 (Wed) 16:46

ベトナム  

こんばんは。
今年もよろしくお願いします。
一生生活に困らないだけの資産があって、
その上 何もしなくても勝手に振り込まれる年金や家賃収入のある環境だと
もう「お金」のことは考えることも必要もないですよね。

僕の場合は一生困らないほどの資産は持っていないので、
使った分は稼いで補わないといけませんから、まだ「お金」のことは考えますね。
ただ昔のように目標を持ってシャカリキに資産を増やそうということはなくなったので
長期で気楽に使う分だけを稼げるようにやっています。

コメント投稿

更新順
同カテゴリ