勝負師の特性

2014年05月23日
1
0
株式投資
今の仕事は年間300日ぐらい出勤せんといかん
前の1.5倍だ
ただ通勤時間は15分だ
それと日中プールに行ったり昼寝もできる
豪華なランチも食べに行ける
出張もほとんどない
子供に腹を立てたり、もめる職員も多いが
わたしは子供とはもめない
暴言を吐いたり大声を出したり
口の聞き方を知らん子供もいるが
いちいち腹を立てても仕方ない
そういう生き物だと思うしかない
吠えたからと言って犬をしかりつけないのと同じだ
冷静に対処するしかない
 
情が湧くとか
職員と子供の暖かい心の交流を想像している人も多いと思うが、
そういうのがないとは言わないが
全体としては
ちと違う
自分なりに子供たちに少しでもプラスになるように努力する
冷静な立ち位置だ
いろんないきさつがあって来ている子供たちだから
まあ、知らない人にわかりやすくいうなら
野性と言うかどら猫というか、容易に人になつかない
子供だって
職員のことを親だとも思っていない
(当然だ)
 
いろいろやってあげても
やってあげ甲斐はあまりない
好意も踏みにじられることも多い
 
もちろんそんな子供ばかりでもない
素直な子供もいる
だけど反対にこんな素直で世の中に行って
騙されてしまうのではないかと逆に心配になったりする 
まあいろいろということだ
ただ、わたしが長年会社勤めをしてきた経験から言うと
やはり子供はしょせん子供だ
大人よりずっと裏がなくて純真だ
ほかの職員は子供しか知らないから腹を立てるが
わたしがつきあってきた大人よりは
ずっと心が和む
わたしは一緒にいて嫌じゃない
 
今日は渋谷まで行ってきた
西野流の呼吸法の道場だ
 
最近先生からよくなったと褒められることが増えた
何が良くなったかというと
 
すっと立てる、ようになっているとのことだ
 
15年も道場に通って
道場以外に毎日毎日自分で稽古して
できるようになったことが
 
すっと立つである
 
もちろん皆さんがわからん世界の話だけど
こういう上達したんだか
何をやっているんだか
はっきりわからないけど
自分なりにこれはよいだろうと思ったことを
続ける力はわたしにはある
 
たぶん
これは勝負師に必要な特性だ
 
強い勝負師は
凶暴な仮面の下に
隠れた
少年のような素直さを持っている
 
これはということは
すっと腹に落として、自分のものとして
愚直に続けることができる
(もちろん何を選ぶかのセンスはあるだろが)
 
普通の大人は
たいてい内面より穏やかな仮面をかぶる
 
わたしはあいにくそういう上等な仮面は備え忘れた
たぶんまだ子供に近い
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 1

There are no comments yet.

ハルトモ  

No title

内緒さん、
わたしは車で行くのと電車で行くのと半々です。
全然憂鬱になりません。わたしは移動が得意ですね。

2014/05/25 (Sun) 13:15

コメント投稿