自動車保険金を受け取って修理しないってあり?

2024年01月06日
0
自動車、購入インプレ
17042457630.jpeg
保険金が入ったからすき焼きでも食うか?
て人も世の中にいるんでしょうね
これは実費で食べました

友人と自動車事故についての話をした時のこと。軽い接触事故で大した傷じゃないけどディーラーに持ち込んだらバンパー交換になって修理代金は10万円を超えて驚いたそうです。でも保険で修理代がでるんだからとその金額で直したそうです。自動車てのは鉄で塗装した部分は凹んだ部分など埋めて上から塗装し直します。いわゆる板金って修理。だけど例えば黒い樹脂部分ってのは塗装もできないし軽い擦り傷でも修理となると交換になってしまうのです。もしも目立たないところで気にならないなら10万円もらって直さなきゃいいのにって言ったら驚いていました。そんなことしていいのか?って。いいんです。逆に自動車屋はそれを教えないで儲けているかもしれません。保険会社に聞けばわかることですが自動車保険てのは加入者が受けた損害を補償するもので修理代の実費を払うもんじゃないです。例えば価値が50万円しかない車の修理代が100万円て見積もりでも50万円しか補償されません。損害相当額しか保険は補償しないのです。事故を契機に買い替える人もいます。保険金をもらって新車の購入費用にあててもいいのです。ちなみにその補償額は保険会社が決定します。保険会社の査定士が現車を見にきたりもします。

わたしの場合はぶつけられて事故車を修理しないで売って買い替えたことが2回もあります。当然ですが保険金は降りました。保険金を受け取って軽い傷で直さなくてもいいやとか目立たなくする程度の軽い修理で安く上げたこともあります。わたしの場合は車の傷は目立たなくなる程度で十分です。完全に元に戻さなきゃ気が済まないって人は別ですがバンパーなんて傷があっても当たり前の部位なんですからそんな神経質になることはないって思います。ちなみに安い修理工場で修理するとやはり下手です。とくに白は色合わせが難しいようで直した部分が目立ちます。古い車ほど目立ちます。長年使っていくと色あいが変化するからです。上手な業者はそこをうまく合わせます。事故で査定がドア交換となってドアとか交換するとそのドアだけ色あいが違ってみっともないってことがあります。ドア交換の保険金を受け取って板金で直した方が良いってケースはあると思います。事故を起こしても自分で調べて一番納得のいく損しない手当をすることです。保険を使うと翌年から料率があがって保険料が高くなるんだし、業者まかせでは高い修理代を業者にばかり儲けさせてしまうことになりがちです。ちょっとした目立たない擦り傷でバンパー交換してくれるお客なんて保険適用以外ではいないのですから。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ