株式投資に限らず「正しく反省するのは難しい」

2023年12月31日
1
株式投資
17039304330.jpeg
なぜ飲み過ぎたのか?
それを反省し改善するのは非常に難しいです
「飲み過ぎはいかん」ではまたやります

株ブログを読んでいるといろんな方がいろんな失敗をしてその度に反省なるものをなされておられます。でもまた似たような失敗を重ねる。なぜでしょうか? わたしは反省の仕方が間違っているんじゃないかなって思うことが多いです。もっと言うならなぜ自分が失敗したのか真の理由が突きめられていないってこと。本気で反省するなら自分の行動をビデオに撮ってコマ送りにするくらいの気持ちで振り返るべきでしょう。それと本質に迫る論理的な思考が大切です。例えば勉強不足が損を出した理由だと思う人がいるとします。確かに株式投資において勉強不足は良くないですが具体的に何の知識が不足していたのでしょうか?それがどんな行動に結びつくんでしょうか? これから何をどれだけ勉強すれば良いのでしょうか? それが見えてこその反省で勉強不足が損した理由だと決めるなら、不足でないまで勉強しきるまでは株式投資をやってはいけません。ところがそういうことを言う人ほど株式投資をそのまま続けるのです。下落し続ける株でナンピンを重ねて含み損が膨れ上がったって人がよく言います。意地を張って相場に逆らったのが失敗だったと。本当にそうですか? わたしは違うと思います。とことん逆張りで成功する人もいるのですから。

精緻で具体的な反省を積み重ねず、いきなり「逆張りは止めよう」じゃたぶん順張りやっても同じ羽目になります。信用取引で失敗した。だから信用取引は止めようと言う人がいるとします。確かに止めた方がいいんでしょうけど、信用取引そのものが悪いわけじゃないです。それと仕事でも同じですけど失敗した理由を分析する時に箇条書きで終わってはいけません。失敗した理由はいくつでも列挙できますが、それらは必ず関連しあっていて、あるものがあるものの結果や原因になります。例えば勉強不足の結果何かが起きた、その結果が別のなにかに繋がっていく、そうでないと具体的な失敗に辿り着きません。勉強不足の頭で何か考えたんです。それが何でそれがどうやって投資行動に繋がっていったのか? どのポイントがキーだったのか? それを振り返るてのが反省って作業なんです。実はこれってQC(品質管理)の考え方です。不具合や改善すべき事象の原因を探究して適切な対策を講じるプロセスです。投資でも人生でもQC的な物事の見方考え方てのは大切だと思います。QCを勉強しろとまでは言いませんけど少しはかじると違ってくるんじゃないかしら?
関連記事

Comments 1

There are no comments yet.

savers19  

くだらない反省なら、かえって今後に悪影響及ぼすってことがよくありますね。短期目線で勝負している人の反省をちょっと小耳に挟んで、長期目線の人が参考にしたら真逆なので全然ダメ、みたいなことに通じますね。「そもそも」自分は何を狙いに行って今回なぜそれが獲れなかったのか?深く考える必要がありますねえ。ちゃんと「そもそも」を考えられれば、まあどんなフィールドでも勝てるのでしょうねえ。

コメント投稿

更新順
同カテゴリ