投資方法は自分に合うならなんでも(儲かれば)構わないてのは赤の他人にだから言えること

2023年12月13日
0
株式投資
投資は自分に合うものならなんでも(儲かれば)構わないてのはよく聞くセリフで一般論としてはわたしもそう思っていますし、それはわたしの投資方法は間違っているとよく言われた時代に反論するために使っていたセリフでもあります。20数年損をすることなくここまで続けて来れてそして出口戦略もできている今となっては間違っていなかったとは言えるわけですが、これが株を初めて日も浅くこれからどうなるかわからない状態では説得力もないわけです。株式投資ってのはいつどうなるかわかったもんじゃないのです。自分に合うとか合わないは長くやって初めていえることなんです。わたしはもしも自分の家族が株を始めて日も浅いのに投機的な短期売買とか信用取引などすると言ったら絶対止めろと言います。どんな方法でも構わないと言えるのはそれで10年20年と生き残っての話だし、スポーツだって芸事だって、自分の力量に見合わない技に安易に挑戦するもんじゃないてのは当たり前のことです。何をしようが勝手とは言っても限度も常識もあるわけです。でもそれをいちいち言わないのは相手が赤の他人だからです。本気で心配なんかしてないです。ネットで初心者に親切そうに信用取引を教えている「株の師匠」のエピソードを先日書きましたけど、結果その初心者は退場に追い込まれた。株の師匠は気にもしません。自己責任だって言うでしょう。それと旅行にっても食事をしていても遊んでいても株価が気になってチェックしてそれで売買する人もいますけど、それも勝手なんですけどわたしは自分の妻がそんなことしていたら嫌だし楽しくないです。妻もそう思うと思いますからわたしもやらないです。株式投資ってのは幸せな暮らしを得る道具ですから、中毒みたいに接したら幸せそうには見えないってわたしは思います。まあこれもあくまでもわたしと妻の考え方ってだけのことですけど。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ