損キリすべきかすべきでないか?って議論の落とし穴

2023年12月05日
2
株式投資
17015877560.jpeg

17015878480.jpeg

17015878640.jpeg

17015879230.jpeg

17015879370.jpeg
妻とボーリングして人気の洋食店へ
これが最近の我が家のブームです

損キリするしないってのはそれは勝手にやればいいことで、儲かりさえすれば人が何を言おうが関係ないとは確かに思いますけど、結局儲かればなんでもいいのであれば、儲かっていない人はどうすればいいんでしょう? 世間では儲かったと胸を張って言えるほど儲かっている人はそんなにいないわけです。そこで損キリしなくても儲かっている人と損キリして儲かっている人の差異を深掘りしてみたくなる。実は損きり以外の部分に本質があるのかもしれない。つまり損キリするかしないかじゃなくて、損キリするならこうあるべき、損キリしないならこうあるべきという何かがあるんじゃないかと思うのです。だってどっちだってうまくやることは可能なわけですから。わたしは損キリだけ取り出すからおかしな話になると思っています。損切りを含む投資スタイル全体の中で整合が取れているかってことです。例えば損切りをしないでうまくやってる人の典型的なプロフィールは、そもそも資金が大きくて本業の稼ぎも大きくて、含み損があっても長いこと気にせず待てる人です。そういう人を資金が小さくて本業で稼ぎも少ない人が真似をしても耐えられないと思います。資金が少ない人ほどエントリーは厳選すべきでしょう。逆に損切りをしてうまくやっている人は損キリできちんと負けをコントロールする一方でエントリーの仕方(例えば分割売買と資金管理)とかエクジットの仕方とか、売買の入り口から出口まで全体をコントロールしている。負けをコントロールする以上勝ちもコントロールするのは当然で、損切りをしてもそれに十分見合う勝ちへの期待値が上回るから損切りを含めて自分のスタイルを続けていけば勝てるという話です。もちろん全てがコントロールできるわけじゃないです。自分ができることをやるという意味です。つまり自分の勝ちパターンを持っているということですが、それがないのにただ損キリだけしたって、それこそ損しましたってだけで先がない。損キリしていいのは自分の勝ちパターンを持っている人なんです。まあ和食なのかイタリアンなのか中華なのかってことです。自分に合えばいいと言っもそこをいい加減に混ぜると何を食べているかわからなくなるってことじゃないでしょうか?
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

savers19  

まさにバランスですね。ハルトモさんくらい引き付けて買え(明らかに本源価値を大きく下回っている株をゆっくり待って買え)れば、損切りする機会は極めて少なくなりますねえ。
だからその芸当ができない常人には、損切りポイントの設定は無茶苦茶大事です。
損切りは嫌だからやりたくないけど、待つのはもっとできない、というのが現状ではないかと。

2023/12/06 (Wed) 15:10

川口晴朋(ハルトモ)  

Re: タイトルなし

損キリとか利確の話題はよく出ますがエントリーの話題はあまり聞きません。
エントリーで間違えないってのはとても大切だとわたしは思います。

コメント投稿

更新順
同カテゴリ