春山満

2012年11月28日
0
0
年寄りの面倒をみること
今日は選挙事務所に応援に行ってきた。
解散したら急に人が増えた感じで事務所も活気があったが
多少雰囲気に馴染めないものもあった。
選挙だからと言って急に出張るのはわたしの趣味でないのだ。
どうなるかわからない時から地道に活動する支援者が
わたしの好みのスタイルだ。
 
今日は候補者のお母さんと一緒に選挙区を回った。
お母さんも必死だ。ぜひ応援に来てくださいと頼まれた。
もちろん、また行くつもりだ。
候補者本人を気にいっている。
 
選挙で投票する際に政策も重要だが、それよりも
人となりがもっと大切だ。人となりというか理念とか信条とか
つまるところまともな人間を選ぶことだ。
まともな人間は状況の変化に合わせてなんとかする。
これが重要だ。
 
応援が終わると渋谷の
西野流呼吸法の道場に行った。
もう10数年とぎれることなく通っている。
わたしのパワーの源泉と言っていい道場だ。
 
家に帰ると
春山満氏がNHKに出ていた。
 
介護関係の会社の経営者だが、以前から気になっていた人だ。
自らが身障者である。
グッドウィルグループの社長が絶頂にあった時に、
わたしはこのブログでその社長の転落を予言した。
そしてその通りになったが、時期に前後して春山氏が
グッドウィルグループの社長を激しく批判しているのをなんかで知って
それで興味を持ったのだ。
 
彼は言っていた。
「わたしは悲しみや苦しみを乗り越えてよりタフになったのです。」
 
まあ、わたしもそんなところだ。
わたしのタフネスとわたしの生い立ちは深くリンクしているだろう。
わたしは逆境を肥やしにすることができた。
なぜできたのか、それはよくわからん。
 
たぶん本をたくさん読んだからだ。
と勝手に思っている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿