安酒が似合う男でいたい

2023年11月25日
0
日々の雑感ーリタイアライフ
17008259880.jpeg

17008260070.jpeg
たまにランチでカレーを食べます
夫婦で別のカレーを頼んで
片方ライス片方ナンを頼んでシェアします
やはり外食は2人以上がいいですね
17008274050.jpeg

17008270300.jpeg

17008726510.jpeg

若いときに多少お値段のするワインにハマっていた時期もありますが今はとっくに卒業して安酒専門です。わたしの根っこにはやさぐれの渡世人くずれって心象風景がありますので、あんまり高い酒ってのは、どうにも収まりが悪いって気分があるのです。高い酒=上級市民ってバイアスも入ってます。高い酒買う金があるなら博打を打ってる方が格好いいと思っちゃう。破滅的なものへの憧れがある。(実際の人生はそうはなってないんだけどそれもコントラスト)もちろんあまりの安酒は美味くもないから飲まないのですけど、家で飲んでいるワインなんて1000円超えることはありません。最近ハイボールに凝り出したけど「角瓶」なんてアルコール度数が40度だから炭酸で割れば4倍くらいの量になって、それこそ数百円のワインと同じくらい。一杯百円とかで飲めちゃう。でもそれが自分には似合いだと思ってます。飲んでいいなあって思うから。若い時味も分からず飲んでいた自分を懐かしむ気分もある。金があるから、、という理由で高いものに手を出すのは粋じゃないっとも思っているんです。もちろん金をケチっているわけじゃないから使う時は使います。高い酒だってシチュエーションでは平気でいただきます。「臨機応変 変幻自在」って感じが好きなんです。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ