投資における運と実力

2023年10月14日
0
株式投資
株ネットを見ていると「PERの算出方法はわからなくても良い。使い方さえわかればよい。」と考えてる人を時々みかけます。それは自由におやりになればいいのですけど、PERというのは「企業の株式時価総額を年間の利益で割ったもの。」説明これだけですよ。これがなんで、わかる、わからないって話になるんですか? これが理解できない程度のおつむで株式投資をしようってのがわたしには不思議です。PBRとかROEとかは基礎的なバランスシートの理解が必要です。それでも難しくはないけどPERが理解できないんじゃ自分がパーってことじゃないですかね? いや別に知りたくもない、使わないってなら理解できるんです。どんな簡単なことでも知らないってのはあり得る。でも一応使おうってのに、この簡単な意味がわからないってのがわたしには理解できないです。まあこういうことを言う人がここ数年ですごく増えている。いくらかは儲かってんでしょう。背景にあるのは何をやっても儲かる地合いです。株なんてのは儲かればいいので何をやっても自由ですが、それが運あるいは環境のおかげか、自分の実力かの見分けがつく人が実力のある人だと思います。実力がある人ほど自分の運を強調する。実力がない人は自分の実力を強調する。こういう傾向も感じます。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ