ブレーキを踏んだら加速するという故障は起こり得るのか?

2023年10月01日
0
日々の雑感ーリタイアライフ
16960743370.jpeg
なんと帰宅したら「鯖ご飯」でした

主に高齢者に多いアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故ですが、わたしも見たことがあります。駐車場で切り返そうとしていたメルセデスがバックで急加速して別の車にぶつけたのですが、思い切り加速してました。ぶつけられた国産小型車はめちゃくちゃになってました。このような事故を起こした人間の中に「アクセルとブレーキが同時に故障した」と主張する人がいたりします。「自分はブレーキを踏んでいるにもかかわらず、まずブレーキが故障した。と同時にアクセルを踏んでいないのに加速した。」と言う主張で、池袋で事故を起こした上級老市民は今それで自動車会社を訴えています。このような主張をする背景には、まず車の構造に詳しくないことと、それと所詮機械だから壊れることもあるという常識論があるでしょう。確かに機械だから壊れることもあります。絶対に壊れないという機械はないです。ただブレーキとアクセルが同時に瞬間的に壊れることはほぼないとは断言できます。(これからの車はわからないけど少なくとも当該事故車両は)

ウインカーを出したら急加速するのと同じ確率です。ライトを点灯したらブレーキが効かなくなったというのと同じ確率です。アクセルとブレーキはまったく別系統なのです。作っている会社も違います。事故後に車両を調査してブレーキとアクセルに異常がないというのがほとんどですが勝手に故障が両方とも直ったという主張をしていることになります。昨今ブレーキが効かないで事故になったという事例はまず聞きません。また勝手に加速して事故になったという事例もまず聞きません。なのにブレーキが効かないと同時に加速したという事例だけがあるってあり得ると思いますか? ブレーキとアクセル壊れる時はいつも同時ってことはあり得ないです。まあそれでも心配だと言う人は足元を撮影するドライブレコーダーをつけておけばいいでしょう。そうでもない限り無実は証明できないと思います。自分で納得するためにもいいかもしれません。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ