どこで勝利を確信するか?

2023年01月03日
0
株式投資
16727012250.jpeg
味噌仕立てのお雑煮になりました

わたしの場合それぞれでの勝負で「もう負けはないな」と勝利を確信するポイントがあります。そこまでくればどんな展開になろうが安心して見てることができる。あとは目標価格に達して売れば良いだけ、あるいはずっと保有し続け配当をもらう。わたしの場合はだいたい買値の2倍くらいになると安心感を感じ始め3倍で確信になります。練り練った銘柄選定とタイミング選定をしていますのでそこから株価が三分の一になる下落は怖れるほどでなくなる。(絶対ないとは言えませんが、それでも上昇局面では最初に跳ね上がると思います)あくまでもわたしの場合です。2倍−3倍というのはコストダウンを含みます。

コストダウンというのは保有株の一部を売って買い戻したりあるいは配当を原価に組み込むと考えることで実現していきます。もしも優待株なら優待で得たベネフィットもコストダウンに組み込みます。優待とか配当狙いの銘柄は原価をゼロにするのが目標になります。長く持っているなら原価がゼロほど安心できる状態はないと思います。株というのはどうやってこういう安心できる状態を作り上げていくのかってものだとわたしは思っています。考え方の話だとも言えますが、安心とかゆとりというものそのものが気分である以上どう考えるかというのは大切だってことです。これは不動産にも言える。家賃で原価を回収してしまえばもう負けはない。株で儲かったお金で不動産を買えば最初から原価ゼロだから余裕綽々。こんな感じでやってます。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ