ネットの困ったさん「他人のブログの写真を無断流用して何をするかと言えば」

2022年08月28日
0
株ネットの事件簿(誹謗中傷対策など)
16613428770.jpeg

わたしも写真の引用とかコピペはしますが相手には一言挨拶するなり場合によっては許可を仰ぎます。それを黙ってコピペしてその上でコピー元に対して悪意が感じられる文章を書く人というのがいます。当然わたしのブログを知る人が見たらわたしのことだと特定できます。私は著作権とまでは言い出しませんし流用で目クジラ立てる気もありませんが使い方が酷い。そういうことまでして人を罵りたいのかなって思います。もちろん言論の自由がありますので法律違反にならない範囲で言いたいなら書けばいいのですが、わたしだったらそういうことをする人の言うことはいくら言葉を飾っていても信じません。

最近ブログの写真術という記事でアメブロの「さるブロガーさん」の写真を引用させていただきました。最近食べたもののを記事になされるようになったので、ちょっとしたお節介をさせていただいたのですが、もちろんご挨拶をして了解をいただき、記事にあるように評判も良いようです。要は引用された人がどう感じるかなんだと思います。断りもなくコピペして悪口言う人ってどう思いますか? その方によるとわたしの「だらしない料理の写真」という表現を捉えてお前は人のことを偉そうに言えるのか、お前の写真こそだらしないとまあそういう趣旨の物言いです。ついでに自分はこうだと自慢もされてます。

わたしがいう「だらしない」は食べかけとか人が大きく映り込んでいるとかとはっきり書いてありますのでもちろん「さるブロガーさん」のことではありません。庶民が家で食べるものそこまで気づかえと言われたくありません。それにしても執念深い人です。以前にその方から激しい攻撃を受けた時に、わたしも目には目をみたいに対抗したことがあるのですが、すぐに無駄なことだと気づいてそれ以降止めました。相手がおかしいことをするからと言って自分までやってはいけません。いい勉強になりました。その方はいまだにやってます。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ