成長というより変化を見る

2022年08月19日
0
株式投資
16608644500.jpeg
似たような朝食ですが変化あります

わたしは中長期の個別株投資というくくりに入る投資家だと思いますがそれは結果に過ぎないとも思っています。わたしの投資のやり方をまとめるなら「企業の変化」に注目した投資ということです。成長していく企業を当てるのは難しいですが、企業とか業界をよく観察して企業が変化していくのをちょっと先取りする。これは十分可能だと思うのです。なぜなら企業の中長期経営計画をレビューすればいいわけです。そのプラン行けるかどうか?見定める。これは少なくともその企業の中ではやっていることです。その会社の経営者と同レベルかそれ以上の投資家なら見定めは可能だと思うのです。

変化を先取りすると言う時に人の見る目を先取りするという考え方もあります。例えば企業が濡れ衣で評判を下げて株価が暴落するというケース。これは事態の推移の中で濡れ衣が晴れて株価が復活するわけで、企業は変わってないけど企業を見る目が変わっていることで株価が動く。わたしはこれも何度か経験しています。昔すごい円高で輸出企業が売られた時があって、一見輸出企業と見られているけど実は輸入をうまく織り込んで為替がヘッジできている企業があってこれも一緒に売られた。で決算が出ると全然悪くないので株価上昇。わかっている人にとってはサプライズでもなんでもない。みなさんご存知でないだけ。こういうのは結構美味しい変化で、トヨタのブレーキスキャンダルなんかも美味しかったです。トヨタ危ないんじゃないか?なんておわかりでない人が言っていた時代もあるんです。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ