自分がどの程度のものかを知るのが最初

2022年05月29日
2
株式投資
16537323910.jpeg

塩漬けをするような状況になったらしばらく株価は見ない方が良いと思います。実際友人にそうアドバイスしたこともあります。それができる人の方が、毎日含み損を端数まで再確認してやきもきする人より見込みはあるように思います。毎日塩漬け株価をチェックするような人はプラ転したらすぐに売ってしまうのです。なんのためにそもそもその株買ったんですか? って感じです。そういう人は自分を慰めるために利食い千人力とか言いますけど、冷静に何が間違っていたのか振り返るべきだと思います。自分一人で。そこを安易に人のアドバイスを求めてはいけない。株は人に聞いていいことと聞いてはいけないことがあるのです。聞いてはいけないことを聞いて聞かないといけないことを聞かない人がどれだけ多いか。

銘柄選びで自分に欠けている部分はなにか?買いのタイミングはどう見極めるのか? また買った後は上がるか下がるかそれぞれのシナリオでどうするか決まっているのか? それを支える資金管理はできているのか?そういう反省をしないでやれやれと利確したら余力ができたからとまたなんか買おうとする。前と同じように。同じことの繰り返しです。株を買うということはチャンスだと思ったから買っているはずです。それがチャンスじゃなかったとしたら自分は何を見ていたのか? 一歩引いて自分を見つめ直すことだと思います。まず自分がどの程度のものか把握することです。そこからどうあがっていくかだと。
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

助六  

アドバイスの有害性

>冷静に何が間違っていたのか振り返るべきだと思います。自分一人で。そこを安易に人のアドバイスを求めてはいけない。
これが肝腎ですよね。うまくいかない時に何かを参考にすれば簡単にうまくいくだろうという考えこそが問題だと思います。
世の中のある程度のことはそのようなやり方でうまくいくことが多いのも事実ですが、トレードは違う気がします。
自分の周りのトレーダーやたまにチェックしているブログを見ても、トレードで勝っている人はもともと人に頼ることをせず、自力で自立して世の中に相対していた人か、
さんざん怪しい商材やメルマガやブログに騙され、他のものに頼ることの無意味さを悟った結果自立した人か、そんな印象があります。
ただ後者でも(私も後者でしたが笑)、騙されるなら騙されるで数年間とことん取り組んで騙されるような根性のある人?と言っていいのか、苦しんだ結果勝つためには他に頼ってもダメで、自立することこそが前提であるということが血肉になっていないとダメかなとも思います。すぐに投げ出す人は何やってもいかんですね。

2022/05/30 (Mon) 10:36
川口晴朋(ハルトモ)

川口晴朋(ハルトモ)  

助六さんへ

やはり教わらないことはできないと思ってる人が多いと思います。
その上で教わればできると思っている。いかにも軽いって人が多いですね。

コメント投稿

更新順
同カテゴリ