狼と羊

2013年12月02日
0
0
株式投資
個人投資家は食い物にされている
狼と羊という関係だ
 
というわたしの表現に識者より指摘をいただいた
 
食い物にされたら死んでしまうから
イメージが違うのではないか?
 
一番おいしいお客は死なないで(退場しないで)
本業など他の資金を株式に流し込み続けるお客だろう
 
まったくである
そういうことを言いたかったのだが
たしかに羊という表現では
食われては生きていられない
 
わたしの知り合いで
株式投資で
千万単位でやられた人間が何人もいて
それで今は懲りて
大人しくなったとか
損切を覚えたとか
たしかにそれでも退場していないのだ
皆いつかは、と期待して。
 
ではどういう表現がいいのだろう?
尻尾を再生するとかげと言うと
なんだか生命力あるしたたかなイメージでちと違う
 
いっそ
 
あなた
 
ではどうだろうか?
95%は負けるんだから
あなたと言っておけば
95%当たる
勝っている5%の人間は怒りもせんだろう
 
じゃあ、5%の勝ち組はなんと呼ぶ
 
ここは丸めて
 
わたしで
 
どうだろう
 
あなたとわたし
 
仲良くやりましょう
 
これでいいな
 
 
 
 
 
 
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿