集中投資と分散投資の勘違い

2022年02月13日
0
株式投資
16446694930.jpeg
妻の趣味の手毬
我が家はわたしが選んだ絵とこの手毬が
あちこち飾られています

集中投資、分散投資、どっちが有利不利? わたしに言わせるとなんですけどこれは多くの人が勘違いしています。手法自体を比較して選ぼうとするんです。これは完全に間違っています。力がない投資家なら集中投資しようが分散投資をしようが大差ないです。集中投資をするためにはそれだけの力がいるのです。理由は簡単で仮に6銘柄の購入候補があるとする。6銘柄全部買うのと、サイコロ振って一つだけ選んだのとどっちが有利か不利か? これが分散投資と集中投資の違いなら同じことです。6銘柄のうち一番有望なひとつかふたつを選び切れるなら集中投資をする意味があるってことです。

では初心者は最初は分散投資が良いのか? そうじゃないです。分散投資だって難しさがあります。上に選んだ6銘柄、全部タコかもしれないわけです。6銘柄から1銘柄ちゃんと選べない人間が選んだ6銘柄が正解とは思えないわけです。それこそインデックスに近くなるくらいたくさんの銘柄を買うとかあるいは優待配当狙いならいざ知らず、中途半端に分散したって分散したことにならないってことです。え、集中投資もダメ? 分散投資もダメですか? じゃあどうすればいいんですか? 立派な答えがあります。やらなきゃいいのです。だから簡単に始めるなってわたしは言うわけです。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ