株価はいくらでもいい

2013年10月27日
0
0
株式投資
わたしが生まれて初めて買った株が
ボッシュと言って6041ってコードだった
実際の株式投資をする前に何年かはずっと市場を
見(ケン)していたけど
ここは勝負と思って6041を買いに出た
一番最初は額も少なくて株価は150円くらいだったかな?
でどんどん買い下がって60円まで買い下がった
もっと下がればもっと飼い下がっても良かったけど
結局そこが底だった
 
倒産するかもなんて言う素人もいたけど
ボッシュての本社はドイツでとんでもなくでかい会社ですけど
ボッシュ本体が日本の自動車市場を捨てるなんてあり得ない
トヨタ、ホンダなんかと商売しなくていいとボッシュが思うはずがない
倒産するなんて心配はまったくないと
わたしは知っていた
かりに捨てられてもボッシュジャパンの技術力は高いので
倒産しないとも思っていたし
 
わたしの購入平均単価は80円くらいだったかな?
ちょうど燃費改善の目玉の新しいテクノロジーが目白押しの時代で
今は電気自動車一辺倒で紛れがなくなってきちゃったけど
当時はいろいろあった
ディーゼルのコモンレールとか
トランスミッションのCVTとか
今後増えるとわかっていた
 
ほどなくボッシュジャパンは黒字化した
まあ当然だ
それで配当が出るようになった
最初は10円、そのあとは半期で10円だったかな?
それで、数年で
わたしは配当だけで株の購入原価を取り戻してしまった
 
細かな売り買いとか
いろんな経緯は前にも書いて、このブログに残ってるけど
配当だけで原価をゼロにできる
まあ、こんなおいしい投資の話が
よく見れば
あることはあったわけ
 
こういう投資だと
株価なんていくらでもいいわけ
配当でもとがとれて、持っている株は
全部儲けだから
 
目標株価はセットしていたけど
その価格になる前にTOBされちゃった
ドイツのボッシュ本社のほうが
ちゃんと企業価値をわかっていたわけだ
 
そこはやられたなって思うが
まあ仕方ない
そのお金は他に向かって
そっちのほうがたぶん、ボッシュを持っていた以上にうまくいったので
これも、何がいいかなんて
わからんもんである
 
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿