築10年、お金をかけた甲斐があったもの、無駄だったと思うもの

2021年08月25日
0
家のこと不動産投資のこと
スクリーンショット 2021-08-24 17.54.03
まず無駄だったな思うもの
玄関へのエントランスの外構工事
建てた時はいいなあと思ったけど
結局普段の生活じゃ気にして見るもんじゃないし
掃除も大変だし
金がかかったわりにはありがたみがない
無垢のコンクリートをベースに砂利でも入れたほうが
シンプルで良かったと思います
無駄金の代表でした

スクリーンショット 2021-08-24 17.40.53
一方やってよかったなあと思うのが無垢の床材
我が家は建具から床からウッドワンという会社のものを入れたけど
床が無垢だと柔らかくて暖かくて本当に気持ちがいいです
フローリングと違って厚みがあるので凹むけど剥がれなどなしです
海岸にある流木とかの肌触りです
これはお金をかけた甲斐がありました
スクリーンショット 2021-08-24 17.48.07
マロも喜んでる?
よく床で寝てます

注文住宅で建てて10年ちょっとですけど細かいことを言い出すとキリがありませんが、まあまあ機嫌よく住んでいます。10年住んでわかったことは、家というのは普段住人がいるところ、よく使うところ、よく目にするところにお金をかけたほうが満足度が高いということです。実は我が家は外観がツートンカラーなんですけど、エントランス同様、普段は家をシゲシゲと見たりしないので全然ありがたみないです。外観は住んでいると見なくなるし、訪ねてくる人もだいたい決まっているし、家ってのは見てくれにあんまり金をかけるのは無駄だなってわかりました。普通にしておけば良いと思います。あくまでも我が家の感想ですけど。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿