コロナと旅行とお金と

2021年08月23日
0
旅を楽しむコツ
スクリーンショット 2021-08-23 10.41.54

さる宿のHPより
娘のことでちょっとしたイベントがあって
それで記念というか思い出というか
かみさんと娘で旅行に行くという
かなりの高級宿のそれも高い部屋だそうですが
感染リスクを考えるとこの方が安全でしょう

なんか凄いことになってきました。かみさんとわたしで湯布院、知床、とびしま海道に行くのに加えてかみさんは女旅行で塩原の個室露天風呂つきの旅館に泊まり、さらに娘との旅行で長野へ。まあかみさんがいくら使ってもわたしは全く不満はないです。それにしてもかみさんの旅行の数は多いですね。かみさんは加えて隔週で那須に来ます。わたしは毎週那須ですけど一人だとしみったれたステイで、餃子とかカレーを食べてます。それもそれで楽しいのですけど。コロナ騒ぎであってもわたしは毎週那須とさいたまを往復しているわけです。県をまたぐ旅行です。仕事をしているからとも言えますがただマイカーで行って向こうに家があるので県をまたぐ移動が感染のリスクを高めていることはないでしょう。旅に出ても人混みをさけて大人数が賑やかに行き交う飲食店や大衆的な宿は極力避ける。感染対策が万全のものを選ぶ。大きな声で話すような人間が行くようなところには近づかない。

コロナは感染リスクが低い人間と高い人間の動線が違う。回転寿司チェーンが好決算だそうでなるほどと思います。どこにも旅行に行かない鬱憤が庶民的プチ贅沢に向かっているのでしょう。わたしの家のそばの回転寿司も外から見るによく人が入ってます。行列もある。家にいろと言っても一歩も出ないわけにも行きません。高級レストランとか高級宿とかは明らかに感染リスクは低いと思いますが、でも金持ちは旅行してもいいから庶民は家にいろなんてそんなこと政府は言えるわけがない。言ったら選挙で負けるでしょう。もちろん高級宿だから感染リスクゼロということはないわけですが、ただ経済を回すという側面ではお金を使う意味は誰もが認めるわけで、で行くなら、若者とか小さい子供のいるファミリーとか、あるいは感染に無頓着な人とかが多くいるような場所を避けるということです。一番わかりやすいのがお金による動線の差別化ということです。我が家の場合は明らかに旅行単価を上げています。ようやく貰った10万円も使える。ワクチンも2回接種した上で万全を期して、経済を回すほうにも貢献したいと思います。





関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿