入居者の質

2013年10月07日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ

 
賃借人が退去したマンションを見に行ってきた。
我が家から直線で100メートルちょっとしか離れていない
とても陽当たりが良いし駅からも近いので
カミさんのお姉さんのご亭主と
それとわたしの、男2人が先に逝った場合は
かみさんとお姉さんで
2人住もうか、と話しているマンションだ
3LDKのマンションに姉妹2人で住むというのは
たぶんかなり快適なんだろう
まあ、そうとなれば、勝手にすればいい
 
逆にかみさんが先に逝ったところで
わたしとお兄さんが一緒に住もうなんてありえんので
その場合のわたしの夢は
ホテルに住むことだ
ずっとじゃなくていいから一年くらい住んでみたい
映画評論家の淀川長治氏は
生涯都内の一流ホテル住まいだったはずだ
わたしはシティホテルはゴルフに不便で住みたいとは思わないけど
かといってあまり田舎でもつまらない
じゃあ、家のそばのホテルか?
なんじゃそれは?
 
話は賃貸マンションだった
退去したての部屋を見て驚いた
なんでこんなに綺麗なのだ?
若い夫婦と小さな子供だったので、かなる傷んでいるかと思ったら
まるでリフォームしたてのままだ
たぶん、障子と畳を変えて清掃すれば、そのまま貸せるくらい
それくらいきれいだ
 
こんなに綺麗なら
 
敷金、倍返しだ!
 
ウソウソ
 
借りていたのは、大企業の社員で法人契約だが
やはり、借り手の質が良いということだろう
 
今度の入居者はすでに決まっていて
(これが凄い)
今度は大手銀行の、これも法人契約だ
銀行員だから
綺麗に使うとは言えないが、そこは
社会的対面を気にする典型的職業だ
妙な噂でも出世に差し障ると気遣う
こういう入居者が入る物件なら管理も楽
 
利回りが悪いというのが資金的に許容できるなら
わたしのような大家が楽だろうね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿