パラサイトFIREって?

2021年06月26日
1
日々の雑感ーリタイアライフ
スクリーンショット 2021-06-25 21.38.36
これはBEFOREですけど
車2台とも綺麗に直りました
今日は洗車をします

パラサイトFIRE? そんな言葉知っているわけがなくて、これはわたしの造語ですけど今後FIREの形として定着していくとわたし予測しています。そもそもFIREという価値観は個人ベースのもので夫婦で同じ考えである必要もない。これからの時代は夫婦であっても、奥さんは別に仕事が嫌じゃないので辞めない、一方旦那はもう働きたくない。僕は自分の暮らすだけのお金はなんとかするから、君は自分のことをなんとかしてねというFIREが増えるんじゃないかということです。子供がいれば教育費も折半か?パラサイトというのはFIREとは逆の意味になりますが、経済的には家庭の中で自立はしているけど、生活の全体構造と精神面、家族のつながりといった俗世的な部分は一見パラサイトだという意味です。

片方が働いているから自分がFIREできるという人もいそうです。両方とも無職ですと社会的な存在としてけっこう不便があるものです。これはかつての専業主婦(主夫)がむしろパワーアップして家庭内にいながら自由を謳歌する存在に飛躍したと言えるかもしれません。家庭は旦那の給料で暮らしてはいけるけど、一方で扶養されずに自分のお金で好きなことができる例えば不労所得なりがあるとかまとまったお金があり、一方それほど熱心に家事をする義務感とかもないなら、どれほど専業主婦の鬱憤が解消されるだろう?などと思うわけです。

FIREしたいって思う人は増えている印象がありますが、家族全体を自分が支えてその上でもう働かなくてよいだけの経済状態を作り出すようなFIREは今後できる人が今以上に限られてほとんどいなくなるんじゃないかと思います。もう一流企業といえど過去のように手厚く終身面倒みてくれるわけではない。国も国で年金が減額され一人分かつかつ出すのが精一杯で基本は誰でも一生働いてくださいという世の中になってきています。夫婦だってどっちも一生働くんです。だから二人でFIREなんて夢のまた夢というわけです。わたしは54歳で会社を辞めて今は夫婦で無職のわけですが(軽いアルバイトは別にして)わたしの同世代を見渡してもこんなことできる人がほとんどいないのに、それが今後増えていくとは到底思えないのです。

すでにFIREの定義も変わり出している気がします。FIREする人は仕事はしたくないけど家族全体の面倒までは見切れませんってことです。それくらい割り切れないとFIREできない。これが家族のあり方とかにどういう影響を与えるのか? これは考察に値するテーマだという気はしますが漠然と思うのは、たとえ家族の間でも家族単位の時代から個の時代へとますます向かっているとは感じます。家庭内のライフスタイルに個々の価値観を持ち込むと言う意味で。FIREにもいろんな形がありますが投資行動を前提としたFIREを考える人も多いかもしれません。みんながみんなうまくいくとは到底思えないので、その場合はパラサイトFIREからFIREが抜け落ちることになるのでしょうか? 危うさを内包するからこそ一種の保険とも言える。だからこそパラサイトFIREって命名したくなるわけです。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 1

There are no comments yet.

名も無き投資家  

近未来は親へのパラサイトが増加するでしょう。
まだ親世代は余力が残っている家庭も多いでしょう。

2021/06/26 (Sat) 19:49

コメント投稿