ブログの作法、アンチの存在も意識して書く

2021年06月24日
0
株式投資
定期的というか気が向くとわたしのアンチのブロガーさんも斜め読みさせてもらっています。わたしのブログの読者のたぶん20%くらいはアンチです。アンチの方はハルトモのことが嫌いなのですけど、でもこのブログに頻繁にアクセスして読むわけで、むしろ熱心とも言える。言うならわたしの貴重なカスタマーです。したがってアンチの方々にも喜んでいただけるような記事を書くのはわたしにとっては守備範囲にすべきとなります。アンチの方はわたしのブログを読んで笑ったりうなづいたりするわけではなく、わたしの文章に神経を逆撫でされ、それはある意味喜ぶということみたいです。

基本的にわたしは真意を言葉遣いで隠す表現を得意としています。多くの読者は過激な言葉に反応してわたしの真意に到達できない。わたしの真意に到達できると、それとあえてズレた表現がさらに際立って面白さを感じてもらえる構図になっている。一方でアンチの方はわたしの真意どころじゃなくて、表現が気になってしかたない。で言いたいこともわからない。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿

更新順
同カテゴリ