都会と田舎のゴルフ練習場事情

2021年06月11日
1
ゴルフ&スキー
16233843440.jpeg
那須

那須のゴルフ練習場は広くてそれで安いわけです。一球5−6円です。わたしがいるさいたまではだいたい一球10円とか11円とかが相場。都会は時間で打ち放題があります。田舎はそんなせわしないことやりません。だいたい考える時間とかなくセットアップもしないでパンパカ打ってうまくなるなら、みんなもっとうまくなってます。でも都会の人は忙しい時間を割いて練習にきてるから打ち放題が好きなんです。田舎は打ち放題にする必要もないくらい安い。

じゃあ田舎の練習場の方がいいかと言うと、実は逆転の発想で都会の練習場にも良い点がある。一球いくらで支払いが決まるということは入場料は200円300円取られてもあとは打たなきゃお金がかからないわけです。わたしみたいにパソコン持ち込んでブログを打っていても調べ物をしていて、あるいは軽い食事を持ち込んでゆっくり食べていてもお金がからない。都会の練習場の方が設備がよくて座りやすい椅子があって全面禁煙で快適です。田舎はボロいベンチが離れたところにあって、そんで禁煙じゃないからゆったりとくつろぐとはいかない。

16233837960.jpeg
さいたま

言うならゴルフカフェとしての都会の練習場ですね。わたしがよく行くさいたまの練習場は有線でセンスの良い音楽が流れています。那須の練習場はラジオが流れてます。まあ悪くはないけど。那須は入場料はかかりません。さいたまでは300円払うけど、これは1打席300円なんで、わたしがやった後にに時間を置いてかみさんが来ても、プリペイドカードから1日2回は座席料は引かれません。そこは良心的です。つまり時間を気にしないで利用できる。こういうことができるのも基本暇だからですね。わたしがやっていることなんか、どこでもできることが多いのです。練習はどうかって? 少しよくなってきました。成果がでるかどうかはわかりませんけど。カフェですのでね。


関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 1

There are no comments yet.

トール  

風が抜けて

畳みの部屋でごろんと寝てると家の中を爽やかな風が吹き抜けてしみじみ、幸せだなあ、と感じそのまま、近所のやまやまでホワイトリカーを買いに行きました。
店頭のベンチでビールを飲んでいると、素晴らしい青空が雲に乗ってました。笑い

2021/06/12 (Sat) 14:30

コメント投稿