楽しく上手に自慢をするための練習をお勧めします

2021年06月03日
0
株式投資
16227122150.jpeg

16227122310.jpeg

喜連川カントリークラブは喜連川温泉のホテルを併設していて宿泊料金もリーズナブルなんで、以前は静岡のたーくんとの栃木チャレンジツアーに何度か使ってます。わりとハザードがきつくて狭いのに慣れていないと良いスコアがでずらい。狭いけど短いわけでもないです。そのコースにひさびさに一人予約で参戦。一人予約というのはそれなりの腕前の人しか参戦してこない。自分の平均スコアを申告するんだけど、90台って出していると、だいたい80台で回る人。間違っても100は打ちませんということで、わたしも90台で申告してます。今日はその90台が3人、80台が1人の4人で楽しく回れました。以前一緒になった人もいて、またやりましょうって話に。年齢も近い。こうやって遊び仲間が増えていくのって楽しいです。一緒にゴルフするのは簡単でその人が予約した組に自分が入ればいいし、自分が先に予約して後から入ってきてもらってもいいわけです。ゴルフってのは遊び仲間を作るのに苦労がないです。

16226921460.jpeg
一人予約というのはゴルフ場でも安いプランを用意してくれる傾向があって
今日は食事付きで3600円でした
食事は他のアコーディアよりおいしいです
ホテルとしても運営してディナーとかも出してるからだと思います

那須にはかみさんが隔週で来ます。それでかみさんが来るとかみさんとゴルフをやって、カミさんがこない時はこうやって一人予約を入れたり、あるいは那須の友達と一緒にゴルフをしたり。本当は明日もゴルフの約束があったんですけど、大雨ってことでキャンセル。それにしても最近パットの調子が悪いです。短いのがことごとく外れる。3パットばかりです。これは、きっと道具が合わないのかもしれないと、ゴルフを終えてからそのまま二木ゴルフに行ってグリップをオデッセイの細身のものに変えました。ちょうど汚くなってたんでよかったです。

リタイアすると時間は余る。一人でいるのが好きな人っているんで別にそういう人はそれでいいなって思いますけど、一人ではつまらないなとか寂しいなと思う人もいると思います。カミさんが遊び相手にならないって人も多い。そういう人は遊び相手を探すか、あるいは奥さんと一緒になんか始めるか、あるいは奥さんの趣味に乗ってしまうとか、老後なんか考えたほうがいいかもしれません。たまに会う古い友人も大切だなとは思いますけど、日常を彩るという意味では頻繁に会う遊び相手がいると楽しいとわたしは思います。遊び相手という見方をすると、合うとか合わないとか考えないし、それから年齢性別も関係ないと思います。

余談ですけど、仕事をするにしても趣味が関わっていて、そしてなるべく人と雑談とかをする仕事っていいんじゃないかなって思います。誰とも話さない仕事とか、話してもコンビニの店員みたいに決まった会話しかしない仕事とか、趣味でもなんでもないただお金のためにやる仕事ってのはなるべく避けた方がいいような気がします。人間というのはずっと一人でいるとよからぬことを考えがちです。ネットで人の悪口とか書く人ってだいたい寂しい人ってイメージあります。まあうまく仕事が見つかるかどうかって話もありますけど、うまく見つける人は見つけるんですよね。雑談でもなんでもいいから話すことでそこからつきあいとかが始まるんだと思います。思えばわたしもお客の立場できさくに従業員と話したりしていたからアルバイトしないかと誘われたわけです。ブスッと一人でしてたら声かけづらいですから。

ブログ読んでハルトモは威張ってて自慢ばかりしてんだろうって思っている人がいるみたいなんですけど、池井戸潤と半沢直樹は同じじゃないわけです。池波正太郎と鬼平も同じじゃない。このブログの作者はハルトモと同じじゃないですよ。ブログはウケ狙いで自慢してるだけです。今のわたしは会社にいた時とも全然違います。だって楽しく会話すること自体が今の目的なんです。リタイアライフで友達とか遊び相手を増やしたいのに意味なく威張ったり自慢なんかするわけないじゃないですか。あまりに嘘を言うと嫌味になるんで気をつけるけどなるべく控え目に話すんです。雑談するにしてももっぱら聞き役と言うか、いろいろ質問して相手に話してもらうほうです。実際どんな人かなって興味もある。もちろん聞かれたらそれなりに答えますけど自慢になるにしても、その人ごとに聞きやすい自慢と聞きにくい自慢とあるわけで、相手に合わせて話す。

なにせ自慢の練習をこのブログでたくさんしていますし、若い頃は実生活でも自慢をしてた時期もあるんで(普通に話していると自慢になっちゃった)、今はいろんな話題とか言い方を身につけているんです。自慢に慣れていない人は、自分で凄いぞというようなこと言った挙句に、いやいやわたしなんか大したことないです、とかわけがわからん謙遜を言う人いるけど、全然謙虚になってないんです。相手を楽しく笑わせて、嫌味にならないで、それでああいいなあって思われるように上手に話すわけです。ゴルフだってただナイスショットとかいえばいいってもんじゃないです。上手にその人が、この人ちゃんと見ていてくるんだなて、喜ぶような褒めるんです。こういうのも仕事の経験とか生きてます。

当たり前ですけど、頭の良さとかおつむの回転の速さとか理論の確かさとか、そんなもの出したら嫌われるだけです。じゃあ鈍くすればいいのか? それもだめです。相手に合わせるんです。合わせにくいなら聞いていればいい。ずっと聞いているとだんだん相手のリズムがわかってくるんで、それでうまく合わせる。勘違いしている人が多いなって思うのは、自慢はした方がいいんです。愚痴とか辛い話なんて言わないほうがいいです。わたしは聞きたくない。年齢を積んでなお愚痴ってなんですか?一生暗い話してんですか? 遊び相手なんだから楽しく話せばいいんです。ただ相手が聞いていて楽しいなあ、いいなあって、そういう自慢をどうやるかってことなんです。

たまに人の愚痴とか暗い話を喜んで聞く人もいますけど、性格悪い。そういう人とはわたしはつき合いません。こっちだって自由人なんだから相手を選びます。まあ自慢というのはやはり練習しないと上手にできないと思います。試しにブログで書いてみてください。ブログで嫌われる分には実害ないですから練習だと思ってやってみてください。なかなかわたしのようには書けませんよ。それでいろいろやった後で、実生活では調整すれば上手に自慢ができるようになれるかもしれません。頑張ってください。え? 大きなお世話? 笑



関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿