金融商品はなるべく人手を避けてます

2013年09月27日
0
0
株式投資
医療生命保険に入るにあたり
大阪時代に一緒に仕事をしたみっち君を思い出した
非常に優秀な営業マンで独立して保険の営業をやっている
かなり成功しているようだ
FACEBOOKを以前見たらわたしよりいい車に乗っている
その彼に以前保険についても相談したことがある
結論
資産があるなら大きな保障は要らない
自動車保険よろしく掛け捨ての医療保険だけ入れば十分
であった
率直なよいアドバイスをいただいて感謝した。
 
当時は日生の保障があったが今はそれが終わり
掛け捨てに入ろうかと
それで彼の保険会社のホームぺ―ジにアクセスして
保険料の概算を出したら、かなり高い
わたしが検討しているネット保険の倍くらい
これではちとみっち君には電話できない
 
考えてみたら、それも当然である
彼のような優秀な営業マンが高額な収入を得て売る保険なのである
彼の乗る高級外車だって元はと言えば保険料から出ている
 
彼は顧客ごとに的確なアドバイスをする優秀な人間であるから
そのバリューを認める顧客であれば十分価値があるはずだ
わたしが職人のバリューを認めて値切らないのと同じだ
 
だがわたしのように金融については基本アドバイスを必要としない人間で
それも医療保険など簡単な内容だから
こういう場合は
人の手がかからない保険を選ぶべきだ
 
同じようなことは
投信とか、金融商品全般に言える
 
なるべく人手が介入していないものを選ぶことだ
投資では個別株が一番いいだろう
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿