利益を最大化するための資金管理って

2021年05月20日
0
株式投資
16214029140.jpeg
那須のツバメは人懐こいのか
ずいぶんと近寄っても逃げない
16214029390.jpeg
先日ツバメが朝起きるのは割と遅いと書いたが
子育てを控えたのか少し早くなってきている
巣の中でじっとしてるツバメもいるってことは
もう卵を産んだってことなんだろうか

人の銘柄選びに興味がある人が多いわけですが、その人のごとに持っているスキルとか知識も違うので人が買ったものを面白いと飛びつくのはわたしは感心しません。だってあなたが面白いと思う前からその会社はずっと存在してたわけです。自分が面白いと思ったから買うってことは、面白いと思った時が買い時ってことで、それって変じゃないですか? 銘柄ごとに買い時ってのはあるんだとは思いますけど、それと一投資家の個人的理由との関係をわたしは詳らかにしない。

銘柄選びは人それぞれとは思いますけど、資金管理は人それぞれって言えば人それぞれだけど成功する人はちゃんとできているってわたしは感じてます。銘柄選びほど勝手気ままにやるもんじゃない。でも資金管理って言うと退場しないために、破産しないためにやるって勘違いしている人が多いと思います。つまりリスク管理するのが資金管理だと思っている。わたしが思うにはそれだけだとざっと半分ですね。資金管理というのは損失の最小化と同時に、利益の最大化を図るのが本物の資金管理なんです。これが腑に落ちてわかってないから多くの人が勝ちきれないんじゃないでしょうか?

では利益の最大化を図る資金管理ってなんなんでしょうか? こうやって書き出すと、古典落語みたいなもんで、心得ている人はすでにオチを知っている。どうやって今日はそのオチに向かうのかって楽しみ方。一方で心得ておられない方はいくら同じことを聞いてもわからない。言っていることはわかっても、たぶんバイアスがかかっているのか、すっと入っていかない。つまり何度読んでも無意味。てことは、わたしはもうこれ以上書かなくても同じだってことですかね?それとも同じものを99回読んでもわからない人が100回目読んで覚醒するってあるんでしょうか?

たまに今日の記事は目から鱗が落ちましたってみたいなコメントをいただくことがあります。目の鱗はあいにく見えないのですけど、わたしからすると今まで何をお読みになっていたんですか?って不思議な気持ちになります。こちとらは「帝釈天で産湯を使い、、、」みたいにこのブログで同じ口上を長年繰り返してるんです。寅さんの口上聞いて、目から鱗が落ちるって、それってなんなんですか?まあそういうことで脱線したなりに面白いので今日はこの辺りで。利益を最大化するために資金管理を行うってのは、もう過去に何度も書いてます。意味がおわかりにならない方は自分で考えてみるのも良いかもしれません。どうせ読んだって腑に落ちてはわからないんだから。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿