ローンを返さず投資に回すという考え方

2021年03月29日
1
株式投資
16169291580.jpeg

長年いろんなガジェットを買ってきているので付属のACアダプターがずいぶんとたくさんある。だが今時は1アンペアというのは時代遅れ。でもなんとなくあちこちで使っていたけど、ぜんぶ整理して1アンペアは外して、すべて2アンペア以上に交換。これで充電時間が少し早まると思われます。それにしても我が家の場合充電はすでに家事になっています。

ローンを抱えたまま投資をするという考え方があります。あるいは投資する金を温存するためにあえてローンを組むとい考え方もあります。わたしにはこれはできません。なぜならメンタルが弱いからです。自分は借金を抱えているという気分では、ここぞという真剣勝負に取り組めない性格なのです。これは阿佐田哲也氏の言う体勢の話でもあります。借金があるというのは押された体勢ですので、そこから勝負を挑んでも、どこかハラが座らない部分が出てくる。借金だけ残るかもという恐怖感はわたしには大きく思える。そこでなにか判断を間違えるかもしれない。そんなひっかかりを持つくらいなら借金を返して次の勝負に万全を期したいと、わたしはそう考えるのです。

十分メンタルが強ければそんなまだるっこしいことしないで、算数で決めればいいのかと思います。メンタルが強い人を羨ましいとかは思いません。そこは自分の器です。できる人はやればいいのです。たぶんそんなこと考えたこともないという人もいるかもしれません。勝てるならそれでいいのでしょうけど、案外判断を間違えた理由に借金があるかもしれませんよ。大きな借金を抱えて、なんとも思わずに勝負ができる人がこの世にそんなにいるとはわたしには思えないのです。いずれにせよ、自分のメンタルと相談しながら投資をするというのは、やる価値はある精神作業だとわたしは思います。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 1

There are no comments yet.

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/03/29 (Mon) 12:29

コメント投稿