破滅させてやりたい

2013年09月02日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
土下座させてやるではなく
破滅させてやりたい
こういうことを考えるサラリーマンはいると思う
それくらい人を恨んでいる人間なら何人か見てきた
高校の同級生の
もとちゃんだが
いろいろうまく行っていなくて転職を繰り返してきている
いつも会社の人間の悪口を言っていて
聞いていて気分のいいものではないが
古い友達の愚痴なんで聞いてあげている
そのもとちゃんがよく言うのは
破滅させてやりたい、だ
でも10回以上転職して、そのたびにトラブルを起こして
いまだかってもとちゃんに破滅させられた人間はいない
起こりもせんことを祈ってもどないもならんし
相手が破滅しても、こっちにいいことはないのだが
ざまあみろ
とそう言いたいのだろう
 
わたしは社会人になりたての若い頃
実力のある人間が出世するのが当然だと思っていた
だから
おべっかをして出世をしようという人間を軽蔑していた
 
でも年齢を積むうちに
だんだん会社というのがどういうもんだかわかってくる
そんな立派で公平なもんじゃない
 
それに実力のない人間だって
出世していい生活をしたいのだ
そういう人間がおべっかが得意で
それで喜ぶ上司がいて
実際出世できる道がある以上
おべっかするのは当然だと思うようになった
まさに市場の論理で需給関係とも言える
わたしは業績を上げて出世しようとする
ある意味大差ない
 
そこまではいいけど
それで
おべっかで出世してだ
そうすると部下にもおべっかを求める人間が実に多い
そこが身の程知らずだな、とわたしは思う
お前がおべっかするのは自由だが
おべっかしてもらうほど上等な人間か?
そんなところだ
 
部下に威張るのはすでに出世のためではない
どちらかと言うと自分が上におべっかしているストレス発散
自分だって上にこれだけ隷属しているのだ
自分の部下も俺に隷属して当然だろう
こういう気持ちになるらしい
人間の器というとことだろうが
器量狭い管理職もたくさん見てきたな
 
 
こういうストレスフルな我慢を強いられるのが
サラリーマンだが
実は
そのストレス
自分が十分な経済力をつけることでそのほとんどは消えてしまう
という事実がある
 
一生懸命おべっかする人間も
部下にあたる上司も
ああ、みなさん人生大変ですな
ご苦労さん
せいぜいがんばりなさい
 
自分が会社に頼らないで生活が成り立つくらいになると
そういう気持ちになる
あまり上等なメンタリティではないが
まあ、これは事実だ
会社なんて
すべてが所詮コップの中の騒動なんである
外から見れば
大したことはひとつもない
 
外から他人事のように会社のことを見る視点を持てるようになる
それがある意味での
サラリーマンとしての自由ということになるんだろう
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿